コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アガパンサス Agapanthus; agapanthus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アガパンサス
Agapanthus; agapanthus

ユリ科の宿根草。南アフリカを中心に約 20種が分布する。塊状の根茎をもち,広線形の根出葉の中心部から花茎を伸ばす。初夏から真夏にかけてヒガンバナに似た白色から濃青紫色の散形花序をつける。アガパンサス・アフリカヌス (ムラサキクンシラン) A.africanusは花茎が約 50cmになる。地植えや容器栽培にするほか,切り花としても利用価値が高い。日当りと水はけのよい場所を好み,植付けと株分けは春または秋に行う。数年間,植えたままでも比較的よく開花する。非常にじょうぶで,病虫害の心配はほとんどない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アガパンサス(agapanthus)

ユリ科の多年草。高さ50~100センチ。葉は根際から多数出る。6月ごろ、紫色または白色の花が咲く。南アフリカの原産。紫君子蘭(むらさきくんしらん)。アフリカンリリー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

アガパンサス

南アフリカ原産のヒガンバナ科の多年草で,ムラサキクンシランをはじめ数種がある。切花,花壇,鉢植に適する。6〜7月にユリ型で6弁の花を,散状に5〜10個横向きあるいは下向きにつける。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アガパンサス【African lily】

南アフリカ原産のユリ科の半耐寒性多年草(イラスト)。和名のムラサキクンシランは,葉がクンシランに似て花が紫色であることに由来するが,クンシランの仲間ではない。基部に塊茎があり,これより長さ20~40cm,幅約1.5cmの細長い葉を根生し,6~7月ころ葉間より40~80cmに伸びる花茎を出して,その頂に淡藤紫色のユリ状小花を10~30輪くらい散形状に密に咲かせる。花は長さ3~4cmで上部が鐘状漏斗形に広がる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アガパンサス
あがぱんさす
[学]Agapanthus

ユリ科の1属名で、アフリカに4種分布する多年草。そのうちで庭園や花壇、切り花用として広く栽培されているのは、南アフリカ原産のムラサキクンシランA. africanus Hoffmg.で、これは別名アフリカンリリーafrican lilyという。本種は茎元より太い多肉質の根が多数密生し、葉は細長い根出葉で幅3~4センチメートル、長さ40~50センチメートル。7月ごろ0.7~1メートルの花茎を伸ばし、先端にユリ状の花を20~30個、散形状につけ、八重(やえ)咲きもある。花色は青のほかに白、紫などがある。寒さにはやや弱いが、東京付近では根株は戸外で越冬する。日当りを好むじょうぶな宿根草で、4月ごろ株分けし、そのまま植えかえずに3~4年は花壇に据え置いてもよい。[神田敬二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アガパンサスの関連キーワード実生

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アガパンサスの関連情報