コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アコウ Ficus superba var. japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アコウ
Ficus superba var. japonica

クワ科の大型高木で,四国や九州南部,琉球列島など,西南日本の暖地海岸に生じる。樹高 20mにもなり,四方に広げた枝から糸状の気根を多数垂らす。同属のガジュマルイチジクなどと同様に傷つけると白いゴム状の乳液を出す。葉は長い柄があって互生し,長さ 10~15cmの楕円形で質は厚く,インドゴムノキの葉に似る。雌雄異株。幹の葉腋に短い柄をもった球形の果嚢 (花嚢) を1~3個ずつつけ,内部はイチジクと同様に多数の淡紅色の小花が密に詰っている。熟すると果嚢全体が淡紅色となり,径 1.5~2cmで内部に種子 (正確には痩果 ) を蔵する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アコウ【Ficus superba Miq.var.japonica Miq.】

暖地の海岸に生えるクワ科イチジク属の常緑高木(イラスト)。他樹の上に生育し,気根や枝葉で包んで宿主を絞殺してしまうこともある。高さ20mにも達し,幹や枝から気根を垂らす。葉は全縁で厚く,表面にはつやがあり,常緑であるが,新葉の出る前に一斉に葉の落ちる傾向がある。葉や枝を傷つけると白い乳液が出ること,枝をとり巻いて托葉の落ちた跡があることは,イチジク属の特徴である。雌雄同株。果囊(かのう)は,葉の茂みの下で,古い葉腋(ようえき)に数個ずつ束生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アコウ
あこう / 雀榕
[学]Ficus superba (Miq.) Miq. var. japonica Miq.

クワ科の常緑高木。アコギともいい、高さ20メートル、径1メートル以上にもなる。幹や枝から気根を垂らす。熱帯、亜熱帯では他樹に半寄生状となり枯らしてしまうこともあり、絞殺木となる。樹皮は灰褐色。葉は互生し、楕円(だえん)ないし長楕円形で長さ10~15センチメートル、薄い革質で全縁、葉柄は約3センチメートル。亜熱帯以南では季節を定めず、一斉に落葉後ただちに新葉を出すことがある。新芽は早落性の托葉(たくよう)に包まれる。隠頭花序は枝上の古い葉腋(ようえき)に束生し、球形で径は約1センチメートル、淡紅色に熟し、柄は1センチメートルほど。和歌山以西の南側の海岸地に生育し、中国南部、インドシナ、タイ、マレー半島にかけて分布する。日よけや防風用に植える。近縁のガジュマルF. microcarpa L. f.も絞殺木。屋久島(やくしま)、種子島(たねがしま)以南、沖縄では石灰岩地によく生え、熱帯アジアからオーストラリア北部にまで分布。幹からアコウより著しい気根を出し、地面に達すると太くなり支柱根となる。葉は革質で光沢があり、倒卵形ないし長楕円形、長さ5~8センチメートル。腋生(えきせい)の隠頭花序は淡黄ないし淡紅色に熟する。日よけや防風用としてはアコウよりじょうぶ。キクラゲを植え付けて栽培する榾木(ほたぎ)に利用する。材は漆器に用いる。名は沖縄の方言による。中国名は榕樹。[島袋敬一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアコウの言及

【イチジク(無花果)】より

…そのやり方には,イチジクと同じように雄株と雌株があるもの(雌雄異株,イヌビワとイヌビワコバチはその例)と,すべての株が同じ型の果囊をつける雌雄同株のものとがある。雌雄同株のアコウでは,果囊の内部には雄花のほかに,長花柱,短花柱の2種類の雌花があり,コバチが受粉・産卵することにより,長花柱花では種子が,短花柱花では虫こぶができ,種子と虫こぶがほぼ同数となる。【上条 一昭】【岡本 素治】
[象徴]
 地上の楽園(エデン)において,アダムとイブは知恵の木の実を食したために,裸であることに気づいて恥じ,イチジクの葉で腰を隠した(《創世記》3:7)。…

※「アコウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アコウの関連キーワード佐田岬半島宇和海県立自然公園三角大矢野海辺県立自然公園高知県土佐清水市松尾豊後水道県立自然公園徳島県小松島市金磯町アコウダイ(緋魚)弁天島(徳島県)アコウダイ(魚)高島(大分県)イシガケチョウ湯島(熊本県)西海国立公園奈良尾[町]佐田岬半島きじむなあ奈留[町]東松浦半島甑島列島男女群島きじもの

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アコウの関連情報