アシタバ(明日葉)(読み)アシタバ(英語表記)Angelica keiskei

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アシタバ(明日葉)
アシタバ
Angelica keiskei

セリ科多年草。関東地方南部から東海地方紀伊半島,そして伊豆七島にかけての地域の海岸に生える。茎は強壮で,上部でよく分枝し,高さ 1.2mほどに達する。葉は1~2回3出の羽状複葉で,縁にあらい鋸歯をもつ。8~10月に淡黄色の花を開き,枝の先にたくさん集って複散形花序 (→散形花序 ) をつくる。若葉は食用にする。和名は葉を切取っても,あしたには再び若葉を出すという意味である。同属ハマウド (浜独活) は全体によく似るが,アシタバのように茎葉を切っても黄色の汁を出さないので容易に区別できる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android