アッベ(英語表記)Abbe, Ernst

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アッベ」の解説

アッベ
Abbe, Ernst

[生]1840.1.23. アイゼナハ
[]1905.1.14. イェナ
ドイツ物理学者。イェナ大学物理学および数学教授 (1870) ,天文台長兼気象台長 (78) 。おもな業績は光学器機,特に顕微鏡理論的・技術的改良にあり,それは 1866年彼がカール・ツァイス社の研究主任に就任したときから始った。顕微鏡用の色消しレンズ考案,照明装置の改良をはじめ,特に顕微鏡結像の理論,分解能の研究では先駆的な役割を果した。 91年科学および社会改良に関する研究に助成金を与えるカール・ツァイス財団を創設。その他,ツァイス社の経営者としても手腕をふるい,従業員,大学関係者を経営に参加させるなどの再編成を行なった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「アッベ」の解説

アッベ

ドイツの物理学者,光学技術者。1867年よりC.ツァイスの工場で顕微鏡を研究,1882年ショットと協力して光学ガラスの製造に従事。この間1878年イェーナ大学教授。1891年カール・ツァイス光学器械会社の創立者の一人となり,1896年より同社長。顕微鏡の理論および液浸法,プリズム双眼鏡,屈折計,分光計その他光学器械について多くの発明,研究がある。→アッベ数

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「アッベ」の解説

アッベ(Ernst Abbe)

[1840~1905]ドイツの物理学者・光学技術者。イエナ大教授。光学機器メーカーのカール‐ツァイス社の共同経営者となり、ツァイスとともに、同社の光学機器を開発。ツァイスの死後は社長に就任。顕微鏡の改良などに寄与した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「アッベ」の解説

アッベ【Ernst Abbe】

1840‐1905
ドイツの物理学者。光学レンズ,光学機器の改良に貢献した。アイゼナハに生まれ,イェーナ大学,ゲッティンゲン大学で物理学を学ぶ。1863年イェーナ大学の私講師として数学,物理学,天文学の講義を担当,78年イェーナ大学教授となり天文台長,気象台長を兼務する。この間,1866年に光学器械製造業者のC.ツァイスと知り合い,ツァイス光学会社の顧問となり光学研究に取り組んだ。光学器械の中でも,顕微鏡の改良が当時の重要課題であり,アッベの理論的研究は,大きくそれに貢献した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアッベの言及

【カール・ツァイス[会社]】より

…こうした状況下,C.ツァイス(1816‐88)によって1846年,イェーナにつくられた顕微鏡製作所がカール・ツァイス社の始まりである。66年,ツァイスはイェーナ大学の数学・物理学講師E.アッベを招いた。アッベは72年に光学計算による世界初の顕微鏡を完成するなど同社の技術水準を飛躍的に高めた。…

※「アッベ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android