コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アツシ

百科事典マイペディアの解説

アツシ

アイヌの織物,またその布で仕立てた衣服のこと。厚司とも書く。オヒョウシナノキなどの樹皮を細く裂いて織ったもので,ふつう袖(そで)口や裾(すそ)にかっこ文,渦巻文といったアイヌの伝統的な模様が切付(きりつけ)(アップリケのこと)されており,晴着,日常着に用いられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アツシ【attus】

アイヌの織物,またその布で仕立てた衣服をいう。アイヌ語のアットゥシの転訛で,厚司とも書く。シナノキやニレ科の落葉高木オヒョウの樹皮をはぎとり,水に浸し柔らかくして日にさらし,繊維を細く裂いて麻を紡ぐようにして撚りをかける。こうしてできた糸を,アイヌ語でアットゥシカルペと呼ぶ原始的ないざり機(ばた)で織る。樹皮そのままの茶の濃淡で風合いの硬い布ができる。この布で筒袖,膝丈,衽(おくみ)なしの着物を作り,襟,背,袖口,裾回り等に黒または紺木綿の裂(きれ)を用いて特殊な形の文様を切付け(アップリケ)またはししゅうをしたものを,アットゥシアミプと呼ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アツシ
あつし / 厚司

アイヌ語でオヒョウ(ニレ科の植物)の意で、転じてオヒョウの内皮〔靭皮(じんぴ)質〕から繊維をとり、アイヌ機(アツシカルベ)で織った堅い風合いをもつ厚地の平織物。近年はアットゥと表記されることが多い。染色しないで自然褐色のまま用い、アイヌ独特の模様を切り付けと縫い取りで表す。元来、アイヌ民族が平常着や晴れの衣服に用いた。北海道では擦文(さつもん)文化期の竪穴(たてあな)住居跡から布片が出土し、この時期に本土から機織技術が伝わったとされ、その技術が発展をみず温存されている。現在日高、胆振(いぶり)地方でわずかに生産されている。また1882年(明治15)奈良の麻布商上田新八が、アツシにヒントを得て厚地の木綿でつくったのが、今日一般にみられる厚司である。非常にじょうぶで、無地染め、大名縞(じま)に染め、職人、漁夫などの仕事着や前掛けに用いられてきた。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアツシの言及

【アイヌ】より

…変化のある皮の色調を巧みに配合して,素朴な模様をつくりだしていた。いざり機(ばた)の技術をえてからは樹皮やイラクサの繊維で糸をつむぎ,アツシ布を自製して衣服地とした。しだいに毛皮を交易品にふりむけ,本州と満州(中国東北)の古着を入手するようになった。…

※「アツシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アツシの関連キーワードThe Place Has No NameFrom Noon Till Dawnアイヌ語/おもな語彙と実用例ニューロティカ(業務提携)オヒョウ(落葉高木)乱歩地獄小鹿 番石原 純田中宏樹横山歩既製服デスコ半纏厚田

アツシの関連情報