コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アナフィラキシー anaphylaxis

翻訳|anaphylaxis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アナフィラキシー
anaphylaxis

アレルギーの一型で,即時型過敏症反応に属する。アナフィラキシーという語は防護を欠くという味で,アレルギーより古く,1898年にフランスの生理学者 C.リシェによって初めて用いられた。動物にウサギ血清を注射したところ,初回はなんら異変が生じなかったのに,2度目の注射では,ときとして致命的な過敏症反応が生じた。人間の場合にも,2度目の注射後数分以内に喉頭浮腫や血管虚脱を起し,いわゆるアナフィラキシーショックに陥って死亡することがある。ペニシリンショックは代表的なアナフィラキシーである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アナフィラキシー

食事や薬剤投与などが原因で、じんましんや腹痛、呼吸困難といった複数の症状が同時かつ急激に現れるアレルギー反応。死に至ることもある。全国の公立学校を対象にした昨年の文部科学省調査によると、食物アレルギーのある子は全体の4.5%にあたる約45万人にのぼり、うち約5万人にアナフィラキシーの経験があるとされた。

(2014-05-31 朝日新聞 朝刊 神戸 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

アナフィラキシー

抗原性をもつ物質で動物を処置(たとえばモルモットにウマ血清を数回注射)すると,一定期間後の再処置に対し,特有のショック症状を呈する。この過敏な状態をアナフィラキシー(過敏症)という。
→関連項目アレルギー反応感作減感作療法ショック遅延反応ペニシリン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

アナフィラキシー

 抗原抗体反応により引き起こされる激しい症状で,即時型過敏反応の一つ.全身反応の強いときにはアナフィラキシーショックとよばれ,ときに死に至る.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アナフィラキシー【anaphylaxis】

ラテン語のana(無)とphylaxis(防御)からなり,〈無防御〉を意味するが,医学的にはアレルギー性反応の一つのタイプをさす。フランスの生理学者リシェCharles R.Richet(1850‐1935)によって1902年に命名された。リシェはイソギンチャクの触手から抽出した毒素イヌに注射して(免疫)毒素の研究を行っていたが,第2回目の毒素を微量注射したところ,イヌは過敏状態になっていて,中毒量よりはるかに少ない量にもかかわらず,激しい症状を示して死亡することを発見した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アナフィラキシー【Anaphylaxie】

抗原抗体反応の一。ある抗原で免疫を得た生体が、同じ抗原の再投与に対してショック症状などの過敏な反応を示すこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

知恵蔵miniの解説

アナフィラキシー

急性の激しいアレルギー症状が全身の複数の臓器で見られる状態のこと。アレルギーを起こす元となる物質(アレルゲン)が体内に入ることにより、そのアレルゲンに異常反応する体質の人が発症する。主に、皮膚・粘膜・呼吸器・消化器・循環器がアレルギーを起こし、じんましん・せき・呼吸困難・目のかゆみ・唇の腫れ・腹痛・嘔吐などを引き起こす。そのうち1割程度は、急激な血圧低下や意識障害などを起こすアナフィラキシー・ショックに至り、生命に危険な状態となる。厚生労働省による2011年の統計では、アナフィラキシーによる年間死亡者数は71名。うち薬物によるものが32名、蜂毒関係が16名、食物が5名、詳細不明が18名となっている。

(2014-8-27)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アナフィラキシー
あなふぃらきしー
anaphylaxis

即時型(型)アレルギー反応の結果、血圧低下、呼吸困難などの重篤な全身症状(アナフィラキシーショック)を呈するものをいう。この語は1902年フランスの生理学者リシェC. R. Richetらがイソギンチャク毒素の研究中、イヌに毒性症状の出ない微量の毒素を注射したのち、一定時日を経てふたたび微量の毒素を注射すると、イヌは激烈なショック症状をおこして死亡するのを認め、アナフィラキシー(防御phylaxisが消失した状態の意)と名づけたのに由来する。型アレルギー反応により遊離された化学伝達物質が、毛細血管を含めた小血管の透過性亢進(こうしん)、平滑筋収縮をきたすのがその本態である。
 ヒトのアナフィラキシーは、異種抗血清、減感作(げんかんさ)療法用抗原液、臓器・酵素製剤、抗生剤とくにペニシリン製剤、解熱鎮痛剤などの注射で生ずることが多いが、その他の投与経路でもおこることがある。多くは投与直後から数分以内、大部分は15分以内におこる。口内異常感、口唇・手足のしびれ感、顔・上半身の熱感、喉頭狭窄(こうとうきょうさく)感、胸内苦悶(くもん)感、心悸(しんき)亢進、吐き気、尿意、便意などに次いで、血圧低下、脈拍頻数微弱、チアノーゼ、呼吸困難、喘息(ぜんそく)様発作などが現れ、さらには意識消失、けいれん、失禁なども出現し、死亡することも少なくない。死亡例の大多数は症状出現後30分以内に死亡しており、初期の急性循環不全と気道狭窄に対する救急処置の適否が予後を左右する。薬剤としてはアドレナリン、副腎(ふくじん)皮質ホルモン剤、抗ヒスタミン剤、アミノフィリンなどが用いられるが、血管確保と補液、気道確保も欠かせぬ処置である。[高橋昭三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアナフィラキシーの言及

【アレルギー】より

…1902年,フランスのリシェCharles R.Richet(1850‐1935)とポルティエPaul Portier(1866‐1962)は,イソギンチャクの毒素の研究をしているうちに,初めに少量の毒素をイヌに注射しても死なないが,その結果イヌは毒素に対して非常に過敏になり,その後はごくわずかな量の毒素を注射しても,呼吸困難,下痢,下血などの激しい症状を起こして死亡することを見いだした。そして,これをアナフィラキシーanaphylaxis(anaは反対,無,phylaxisは防御,保護の意で,無防御の状態を指すラテン語)と呼んだ。その後,多くの学者により,その動物にとって異種タンパク質であれば同様の現象が現れることが確かめられた。…

【アレルギー】より

…1902年,フランスのリシェCharles R.Richet(1850‐1935)とポルティエPaul Portier(1866‐1962)は,イソギンチャクの毒素の研究をしているうちに,初めに少量の毒素をイヌに注射しても死なないが,その結果イヌは毒素に対して非常に過敏になり,その後はごくわずかな量の毒素を注射しても,呼吸困難,下痢,下血などの激しい症状を起こして死亡することを見いだした。そして,これをアナフィラキシーanaphylaxis(anaは反対,無,phylaxisは防御,保護の意で,無防御の状態を指すラテン語)と呼んだ。その後,多くの学者により,その動物にとって異種タンパク質であれば同様の現象が現れることが確かめられた。…

【ペニシリンショック】より

… アレルギー反応には,一般にI型からIV型までの4種の型の反応がある。ペニシリンショックはI型(アナフィラキシー型)反応にもとづくもので,組織,臓器の組織肥満細胞の膜面に結合しているペニシリンに対するIgE型抗体の2分子以上を,抗原であるペニシリン製剤あるいはペニシリンの代謝物が橋渡しするのが反応のはじめのステップである。その結果,ヒスタミン,SRS‐A(slow reacting substance of anaphylaxis)など生物活性の強い化学物質が細胞外に遊離される。…

【免疫】より

…これを血清病という。もし同じ血清を2度注射すると激しいショック症状(アナフィラキシーショック)を起こして,しばしば死に至る。気管支喘息(ぜんそく)や花粉症なども,吸入によって侵入する抗原に対するアレルギー性反応である。…

【リシェ】より

…さらに88年には,細菌を注射された動物は,それに対する免疫ができることを認め,90年,はじめてヒトに対して免疫療法を行った。また1902年,イヌを用いた免疫毒素の実験中に過敏現象が起こることを発見し,これにアナフィラキシーと名づけた。以後,過敏症に関する研究を続けたが,これらの研究によって13年,ノーベル生理学・医学賞を授けられた。…

※「アナフィラキシー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アナフィラキシーの関連キーワード食物依存性運動誘発アナフィラキシークロモグリク酸ナトリウムアナフィラキシー様現象シャルル・R. リシェヘタシリンカリウムアナフィラトキシンゲル‐クームス分類A. ベスレドカ食物経口負荷試験シェーンライン薬物アレルギーアルチュス現象物理アレルギー寒冷アレルギーサリチル酸中毒ロイコトリエンベスレドカショック死ヒスタミンSRS‐A

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アナフィラキシーの関連情報