コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アナルコ・サンディカリスム アナルコサンディカリスム

百科事典マイペディアの解説

アナルコ・サンディカリスム

19世紀末葉フランスを中心にアナーキズムと労働組合運動との結合によって生まれた運動およびその思想潮流。革命的サンディカリズム。国家と政治権力を否定し,サンディカ(組合)を基礎として資本家に対する直接行動をとり,最終的にはゼネストによって資本―賃労働関係の廃絶に向かおうとしたもので,議会制度には強く反対した。
→関連項目アナ・ボル論争幸徳秋水サンディカリスム普選運動

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のアナルコ・サンディカリスムの言及

【アナ・ボル論争】より

…第1次世界大戦後,日本の社会運動内部に生まれたアナルコ・サンディカリスムとボリシェビズムの2潮流による思想上,運動上の対立。大戦後労働運動が高揚し,そのなかに1920年ころから大杉栄らのアナルコ・サンディカリスムの思想が強い影響力をもつようになった。…

【サンディカリスム】より

…サンディカsyndicat(組合)を語源とするフランス語で組合の形態をとる社会的運動を指す。英語ではシンディカリズムsyndicalism。しばしば運動主体の職業的性格(労働者,農民,経営者など),または思想的傾向(革命的,改良主義的,キリスト教系など)を示す形容詞を付して用いられ,単独に使用される場合は多く労働組合運動を意味する。だが,この語が定着した当時,フランス労働組合運動では組合運動を通じて革命を達成しようとする,いわゆる革命的サンディカリスムsyndicalisme révolutionnaireが主流を占めていたため,国際的にはサンディカリスムの語はこの運動,もしくは類似の傾向を意味する固有名詞として使用されることになった。…

※「アナルコ・サンディカリスム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アナルコ・サンディカリスムの関連キーワード世界産業労働者組合ギルド社会主義アナ・ボル論争浅原健三信友会

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android