アナログ

精選版 日本国語大辞典「アナログ」の解説

アナログ

〘名〙 (analog, analogue) 数値を長さ、角度、電流といった連続した物理量で示すこと。文字盤の上に針で時を示す時計や、水銀柱の長さで温度を示す温度計は、この方式に基づく。⇔デジタル
※現代の科学(1957)〈祖父江寛〉五「従来の管理室のパネルに使用されている計器類は測定を長さなどに変えて読むアナログ式であるが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典「アナログ」の解説

アナログ

ある情報を「1」か「0」、あるいは「オン」か「オフ」の2つのデータで表すデジタルに対して、連続的に変化する物理的な量や状態を表す言葉

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉「アナログ」の解説

アナログ(analog/analogue)

数値を、長さ・回転角電流などの連続的に変化する物理量で示すこと。⇔デジタル

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android