コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アネロイド気圧計 アネロイドきあつけい aneroid barometer

翻訳|aneroid barometer

5件 の用語解説(アネロイド気圧計の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アネロイド気圧計
アネロイドきあつけい
aneroid barometer

1843年フランスのルシアン・バイディが考案した測器。アネロイドはギリシア語で液体(水銀)を使っていないという意味。薄い金属製の容器の内部を真空にし,底面を台に固定し,上面はばねで引っ張って外気圧と釣り合わせる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アネロイド‐きあつけい【アネロイド気圧計】

《aneroidは非液体の意》気圧計の一。内部を真空にした円板状の金属製容器の表面が、気圧変化によって上下するのを、てこで指針に伝える。高度計としても使用。空盒(くうごう)気圧計。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アネロイド気圧計【アネロイドきあつけい】

空盒(くうごう)気圧計とも。ギリシア語のアネロス(液体でない)に由来。内部を真空にした円板状の金属盒の上面が,気圧の増減によって上下するのを,指針の動きにかえて気圧を読む。
→関連項目気圧計

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

アネロイドきあつけい【アネロイド気圧計】

〔アネロイド(aneroid)は「液体を使わない」の意〕
気圧計の一種。内部を真空にした薄い金属製の容器が、気圧の変化によってふくらんだり、へこんだりするのをてこによって指針に伝え、その針の動きで気圧を測定する器械。携帯用。空盒くうごう気圧計。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アネロイド気圧計
あねろいどきあつけい

液体(水銀)を使用していない気圧計の名称。皿のような、薄い2枚の弾力ある金属板をあわせ、周辺を密封して内部の空気を抜いたもので、外気圧の変化に応じて膨らんだり、へこんだりする。この動きを、てこで拡大して目盛り板の指針で読み取る。[篠原武次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アネロイド気圧計の関連キーワード保護コロイドコロイド溶液ステロイド剤ロイド眼鏡自記気圧計タブロイド紙コロイド粒子アネロイド型気圧計アネロイド型血圧計アネロビックエクササイズ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アネロイド気圧計の関連情報