コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アネロイド気圧計 アネロイドきあつけいaneroid barometer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アネロイド気圧計
アネロイドきあつけい
aneroid barometer

1843年フランスのルシアン・バイディが考案した測器。アネロイドはギリシア語で液体(水銀)を使っていないという意味。薄い金属製の容器の内部を真空にし,底面を台に固定し,上面はばねで引っ張って外気圧と釣り合わせる。外部の気圧の変化による上面の高さの変化を指針に伝えて読み取る。指示型のものが多いが,記録部と一体型にした自記式のものもある。温度の変化の影響を大きく受け,水銀気圧計に比較して測定の精度はよくないが,簡単で堅牢であるため,船舶や航空機をはじめ一般に用いられる。小型で,携帯,取り扱いおよび測定が簡単である。(→気圧計

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アネロイド‐きあつけい【アネロイド気圧計】

《aneroidは非液体の意》気圧計の一。内部を真空にした円板状の金属製容器の表面が、気圧変化によって上下するのを、てこで指針に伝える。高度計としても使用。空盒(くうごう)気圧計。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

アネロイド気圧計【アネロイドきあつけい】

空盒(くうごう)気圧計とも。ギリシア語のアネロス(液体でない)に由来。内部を真空にした円板状の金属盒の上面が,気圧の増減によって上下するのを,指針の動きにかえて気圧を読む。
→関連項目気圧計

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

アネロイドきあつけい【アネロイド気圧計】

〔アネロイド(aneroid)は「液体を使わない」の意〕
気圧計の一種。内部を真空にした薄い金属製の容器が、気圧の変化によってふくらんだり、へこんだりするのをてこによって指針に伝え、その針の動きで気圧を測定する器械。携帯用。空盒くうごう気圧計。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アネロイド気圧計
あねろいどきあつけい

液体(水銀)を使用していない気圧計の名称。皿のような、薄い2枚の弾力ある金属板をあわせ、周辺を密封して内部の空気を抜いたもので、外気圧の変化に応じて膨らんだり、へこんだりする。この動きを、てこで拡大して目盛り板の指針で読み取る。[篠原武次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アネロイド気圧計の関連キーワードラジオゾンデ気象観測器具金属気圧計空盒気圧計レーウィン弾性圧力計金属圧力計舶用気圧計血圧計器械

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android