コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブラヤシ(油椰子) アブラヤシElaeis guineensis; oil palm

3件 の用語解説(アブラヤシ(油椰子)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブラヤシ(油椰子)
アブラヤシ
Elaeis guineensis; oil palm

ヤシ科の高木で西アフリカ原産。熱帯地方に広く栽培される。葉は長さ 7mもある羽状葉で暗緑色,幹の上部に固まってつき,下部のものも枯れたあとの葉柄が残存して幹をおおう。雌花と雄花は別々の花序につき,雌花は短い円錐花序をなす。果実は長さ 4cmほどの卵形で,熟するとオレンジ色になる。核果で核を取巻く中果皮の繊維層に油脂を含み,これからパーム油 palm oilをとる。この油は工業原料や石鹸の原料となる。一方,核内の種子 (胚乳) をしぼって得られる油 (ヤシ核油 palm kernel oil) は食用油,特にマーガリンの原料として重要である。マレーシアでの生産が特に多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アブラヤシ(油椰子)【アブラヤシ】

西アフリカ原産のヤシ科の常緑高木で,熱帯地方に広く栽培される。樹高は20mに達する。果実は鶏卵大の小果が200個ほど集まったもので,45kgに達し,1株に約10房生ずる。
→関連項目ヤシ(椰子)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アブラヤシ【アブラヤシ(油椰子) African oil palm】

西アフリカ原産のヤシ科の植物で,果実から油を採る。一定面積当りでみると,最も多く油が採れる作物である。高さ10~20mになり,20~40枚の葉がつく。葉は羽状複葉で長さは10m前後である。小葉は細長く数十cmから1m近くになる。葉の付け根に大きな房状に果実がなる。果実は卵形で,長さは5cmほどであり,中に1個の種子をもつ。果実の色は品種によって異なり,熟して黄色や赤色,茶色,黒色などとなる。1個の果房に1000個以上の果実がつく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のアブラヤシ(油椰子)の言及

【油】より

…この方が油脂成分だけでなくタンパク質もいっしょにとれるため食用としては効率がよい。西アフリカの熱帯雨林地帯を起源とするアブラヤシは,果肉部にも油脂分を含む珍しい植物で,原住民は足で踏んだり,煮て上に浮かぶ油を採集している。この植物は単位面積あたりの油脂成分の生産量がずばぬけて高いゆえに,現在では東南アジア一帯で広く商業的に栽培されている。…

【ヤシ(椰子)】より

…若い花序を切ると糖液を分泌する種(サトウヤシが代表的)では,糖みつを採取したり,アルコール飲料を作るのに用いられる。果実が食用あるいは油脂源とされるものは多いが,なかでもココヤシ,アブラヤシナツメヤシ(イラスト)の3種が有名で,熱帯の重要な栽培作物となっている。サゴヤシ(イラスト)は幹からデンプンが採取され,サラッカは果実が果物になることで有名である。…

※「アブラヤシ(油椰子)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone