コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アホ アホAho, Juhani

4件 の用語解説(アホの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アホ
アホ
Aho, Juhani

[生]1861.9.11. ラピンラハティ
[没]1921.8.8. ヘルシンキ
フィンランドの小説家。本名 Johannes Brofeldt。牧師の子に生れ,ヘルシンキ大学に学んだが中退,自由主義者のグループ「青年フィンランド」の一員となる。記者生活四十余年,1906年母校の名誉教授

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アホ

フィンランドの作家。フランス自然主義に学んだリアリズム小説《牧師の娘》《一人》,晩年の思想と悲情の記録《小品》(8巻,1891年―1921年)などフィンランド文学を質的に高めた功績は大きい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アホ【Juhani Aho】

1861‐1921
フィンランドの写実主義黎明期の代表的な小説家。鉄道開通時の農民を描いた《鉄道》(1884),上流階級に批判的な《牧師の娘》(1885)で作家として出発。のちモーパッサンドーデの影響を受け,《一人》(1890),《牧師の妻》(1893)などの自然主義風の作品を経て,新ロマン主義に移った。エッセー風の《小品》8巻(1891‐1921)は,流麗で表現に富む文体が異色で,後に与えた影響が大きい。【高橋 静男

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アホ
あほ
Juhani Aho
(1861―1921)

フィンランドの作家。キビィの影響を受けて農民をユーモラスに描き、『鉄道』(1884)ほかのリアリズム作品でスタート。のち、イプセン流に自立していく女性を描いた『牧師の娘』(1885)、モーパッサン、ドーデに刺激された自然主義風の『牧師の妻』(1893)を経て、特異なリアリズムに到達した。悲惨な三角関係を心理的に描いた自伝風の『ユハ』(1911)は、今日なお評価が高い。[高橋静男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アホの関連キーワード炭酸塩岩脈文久ムラヴィヨーフ流紋岩ディフェンス咸豊帝万延桂文治(5世)イタリア史カナダ文学

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アホの関連情報