コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アホ アホAho, Juhani

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アホ
Aho, Juhani

[生]1861.9.11. ラピンラハティ
[没]1921.8.8. ヘルシンキ
フィンランドの小説家。本名 Johannes Brofeldt。牧師の子に生れ,ヘルシンキ大学に学んだが中退,自由主義者のグループ「青年フィンランド」の一員となる。記者生活四十余年,1906年母校の名誉教授。初期の『鉄道』 Rautatie (1884) などは,キビの影響もあって素朴な農民をユーモラスに描き,リアリズム文学の第一人者となった。保守的な中流階級を扱った『牧師の娘』 Papin tytär (85) は B.M.ビョルンソンの人道主義,H.J.イプセンの女性解放を思い起させる。一時モーパッサン,ドーデらの影響を受け,フランス自然主義へと傾いた。『ひとり』 Yksin (90) ,『牧師の妻』 Papin rouva (93) がその頃の作品。その他『パヌ』 Panu (97) ,『春と冬日和』 Kevät ja takatalvi (1906) ,自伝風の作品『ユハ』 Juha (11) ,風刺的な『良心』 Omatunto (14) ,晩年の『平和時の阻害者』 Rauhan erakko (16) ,随筆集『かんな屑』 Lastuja (8巻,1891~1921) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アホ

フィンランドの作家。フランス自然主義に学んだリアリズム小説《牧師の娘》《一人》,晩年の思想と悲情の記録《小品》(8巻,1891年―1921年)などフィンランド文学を質的に高めた功績は大きい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アホ【Juhani Aho】

1861‐1921
フィンランドの写実主義黎明期の代表的な小説家。鉄道開通時の農民を描いた《鉄道》(1884),上流階級に批判的な《牧師の娘》(1885)で作家として出発。のちモーパッサン,ドーデの影響を受け,《一人》(1890),《牧師の妻》(1893)などの自然主義風の作品を経て,新ロマン主義に移った。エッセー風の《小品》8巻(1891‐1921)は,流麗で表現に富む文体が異色で,後に与えた影響が大きい。【高橋 静男】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アホ
あほ
Juhani Aho
(1861―1921)

フィンランドの作家。キビィの影響を受けて農民をユーモラスに描き、『鉄道』(1884)ほかのリアリズム作品でスタート。のち、イプセン流に自立していく女性を描いた『牧師の娘』(1885)、モーパッサン、ドーデに刺激された自然主義風の『牧師の妻』(1893)を経て、特異なリアリズムに到達した。悲惨な三角関係を心理的に描いた自伝風の『ユハ』(1911)は、今日なお評価が高い。[高橋静男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アホの関連キーワード東京海上ホールディングス(株)ヨンドシーホールディングス東京海上日動火災保険(株)wooper looper東京海上日動火災保険[株]東京海上ホールディングスメキシコサンショウウオ東京海上火災保険[株]日動火災海上保険[株]フィンランド社会民主党シャロン ベザリーフィンランド中央党日動火災海上保険ビーグル38能勢東京海上火災保険マイケル ムーアエルシャラカーニモロトゆーき坂田 こゆうアホロートル

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アホの関連情報