アユ(鮎)(読み)アユ

百科事典マイペディアの解説

アユ(鮎)【アユ】

アユ科の魚。香気があって味がよいので香魚ともいう。地方名アイ。細長く,全長30cm近くにまで成長する。小さい円鱗におおわれ,脂鰭(あぶらびれ)をもつ。背面は暗緑褐色,腹面は白色。北海道南部〜台湾,中国南部,朝鮮半島に分布。河川の上・中流の瀬や淵(ふち)にすみ,各縄張り内の付着藻類を食べる。10〜11月に中・下流の川底に産卵。産卵後の親は死ぬ。孵化(ふか)した稚魚は海に下り,プランクトンを食べて越冬する。翌春3〜5月に川に上る。琵琶湖や本栖湖などにいる陸封型の小型(10cm以下)のものをコアユというが,栄養不足のためで,河川に移すと普通のアユ同様に成長する。人工孵化,放流も各地で盛ん。放流には琵琶湖産コアユや海産の稚アユを用いる。代表的な川釣の対象魚で,友釣,どぶ釣,ころがし,鵜飼(うかい),やななどでとる。近年その資源が枯渇し各地で禁漁期を定めたり移殖放流を行って保護している。→うるか
→関連項目どぶ釣り友釣り

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アユ【アユ(鮎) ayu sweetfish】

サケ目アユ科アユ属の魚。1属1種(イラスト)。別名をアイ,年魚,香魚とも呼ばれる。おもに本州,四国,九州に分布するが,北海道南西部,朝鮮半島,台湾南部,中国南部にも分布する。 その形態は,サケなどと同様に背びれ後方にあぶらびれをもつ。体色は背側が青緑色,腹側は色が薄く,えらぶたの後方に黄色の二つの斑紋がある。あぶらびれ以外のひれは黄色みを帯びる。雄の胸,背,腹びれはに比べ大きく硬く,また,しりびれは縁辺が湾入してややへこんでおり雌では丸みを帯びている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアユ(鮎)の言及

【移殖】より

…ワカサギの移殖はもっぱら卵で行われ,シュロを張った枠に卵を付着させ発眼してから輸送する。(3)アユ 琵琶湖産のコアユを河川に移殖・放流することは石川千代松の考えに基づいて1914年滋賀県水産試験場がまず試み,その後各地に普及したものである。現在はコアユのほかに,海岸で採捕し淡水に馴致(じゆんち)した海産稚アユや人工生産の種苗も利用されている。…

【回遊】より

…外洋性のカツオ,マグロ,カジキなどは広い範囲を回遊するが,大きな要因は水温とされ,一般に20℃より高い水温を好む。水温はアユの稚魚が海から川に入る時期を規定する要因でもある。上流で夏を過ごしたアユは秋に下流に下って(落ちアユ)産卵する。…

【友釣】より

…アユを釣る方法の一つ。アユは石に付着したケイ藻類を餌とし,そこになわばりをつくるので,ほかのアユが近づくと,これを排斥しようとする。…

【琵琶湖】より

… 琵琶湖に多くの固有の魚介類が生息しており,古くから漁業が盛んである。アユの稚魚は追叉手(おいさで)漁や四つ手網,(やな),(えり)などの昔ながらの漁法で漁獲され,アユ苗としてま全国の河川に放流されるまた西ノ湖や入江ではイケチョウガイを母貝とする淡水真珠養殖が行われており,坂田郡米原町の県立醒井(さめがい)養鱒場ではマスが養殖されている。 琵琶湖の南湖の風景は,近世の東海道の旅人たちに強い印象を与えた。…

※「アユ(鮎)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報