コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラル海 アラルかい Aral Sea

翻訳|Aral Sea

7件 の用語解説(アラル海の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラル海
アラルかい
Aral Sea

中央アジアカスピ海の東,カザフスタンウズベキスタンにまたがる塩湖。かつて世界第4の大湖で,1960年時点での面積 6万8000km2,平均水深 16m,最大水深 69m,湖面標高 53m。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アラル‐かい【アラル海】

Aral Sea》中央アジアのカザフスタンウズベキスタンにまたがる塩湖。かつては世界で4番目に大きな湖として知られたが、1960年代以降、急速に干上がり、面積は10分の1になった。砂漠を灌漑するため、湖に注ぐアムダリアシルダリアから大規模な取水が行われたのが原因。現在は、北アラル海、西アラル海、およびその間にある小さな湖の3湖に分かれ、アムダリアの河口は接していない。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アラル海【アラルかい】

カザフスタン,ウズベキスタン両共和国にまたがる塩湖。ロシア語でAral'skoe more。島を含む総面積は1960年ころまでは6万6100km2であったが,1990年には3万6500km2に減少している。
→関連項目ウズベキスタン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アラルかい【アラル海 Aral’skoe more】

中央アジアのカザフスタンとウズベキスタンとの間にひろがる塩湖。アラルはトルコ語で〈島の多い〉の意。1960年ころまでの面積6万6458km2は,世界の湖沼では4番目の大きさで,水量も1090km3あった。しかし,1950年代から湖に流入するアム・ダリヤとシル・ダリヤの流域で,綿花生産発展のために大規模な灌漑施設の建設が行われ,それによる河川からの大量の取水により,両河川からの湖への流入量は急速に減少していった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

アラルかい【アラル海】

〔Aral〕 中央アジアの砂漠の中にある塩湖。カザフスタンとウズベキスタンとの国境に位置し、シル-ダリアとアム-ダリアが流入する。湖の面積は6万6千平方キロメートルあったが、両河川からの流入量減少により約3分の1に縮小。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

アラル海

中央アジアのカザフスタンとウズベキスタンにまたがるロシアの塩湖。かつては琵琶湖の約100倍に当たる湖面積(約6万6千平方キロメートル)で世界第4位の大きな湖だった。しかし、1950年代より当時の旧ソ連政府が、アラル海に流れ込むアムダリヤ川とシルダリヤ川を迂回させて、大規模な取水をしたことなどにより急速に水量の減少が進み、南アラル海・東アラル海・北アラル海などに分断した。1993年には最も大きかった南アラル海の塩分濃度が海水を越え、アラル海の大部分が干上がった結果、塩分を大量に含み肥料や化学物質で汚染された広大な湖底が露出。その砂塵によって周辺の農耕地はより大量の水を必要とするようになり、一帯の砂漠化の進行が激しくなった。また地域住民の健康被害も多数明らかとなっており、「20世紀最大の環境破壊」とも言われている。2014年9月末に発表されたNASA(米航空宇宙局)の衛星写真では、南アラル海の東側の部分が完全に干上がり消滅しかかっているのが確認された。

(2014-10-7)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アラル海
あらるかい
Аральское Море Aral'skoe More ロシア語
Aral Sea英語

中央アジアの塩湖。カザフスタン共和国とウズベキスタン共和国にまたがる。[保谷睦子]

自然

1960年代までは面積6万3400平方キロメートルで、アジアではカスピ海についで2番目、世界では淡水湖を含めて4番目の大きな内陸湖とされていた。しかし乾燥地帯にあるため面積は長期間にかなり変動し、水位変動も激しかった。深度は平均15メートル、最深点68メートル、透明度は25メートル、塩分濃度は海水の半分以下で10~14という数値が記録されているが、これらの数値も過去の高水時のものである。冬には水面は大部分結氷する。南岸からアムダリヤが、北東岸からはシルダリヤが岸辺に大きな三角州をつくって流入するが、流れ出る川はない。西岸は高さ約75メートルの崖(がけ)が連なり、北岸は低く不規則な湾で屈曲し、東寄りの湾奥にはアラリスクの港がある。東岸には岸沿いに多数の小島があることから、トルコ語で「島」を意味する「アラル」と名づけられた。第三紀には黒海、カスピ海とともにひと続きの海をなしていたため、そのころの生物が残存し、固有種が多く、チョウザメ、コイなどの魚族もかなり豊富であった。1950年代にアムダリヤやシルダリヤの水を大規模な灌漑(かんがい)に利用する工事が始まり、その進展につれてアラル海の水位低下が起き、漁業や環境に深刻な影響を与える「アラル海問題」が発生した。[保谷睦子]

アラル海問題

ソ連時代、ウズベキスタンを中心とする綿の生産には、アムダリヤ、シルダリヤの水が灌漑に利用された。そのためアラル海が干上がり、その水位(海抜高度)は、1960年の53メートルから1994年までに16メートルも下がった。1988年には湖水が二つに分かれ、面積も1991年には二つの湖水をあわせて3万3800平方キロメートルと、約半分になった。こうした状況はソ連崩壊後も基本的には変わらず、21世紀の前半にはアラル海は消滅するおそれに直面している。また綿花生産に投入された化学肥料や農薬、湖底の塩などが、湖水が干上がったために飛散し、人々の健康を害し、アラル海の南岸に位置するカラカルパクスタン(ウズベキスタン共和国内の自治共和国)の幼児死亡率はウズベキスタンの4倍である。湖水の減少は、塩分を約3倍に濃くして魚類を死滅させ漁業を破滅させたばかりでなく、気候にも影響を与え始めている。綿の栽培を減らすか、水漏れやむだ遣いをなくすため、灌漑システムを近代化することが急務である。流入河川沿岸の中央アジア諸国は1994年、取水量の節約と、年間予算の1%を水量回復事業に拠出することに合意している。[木村英亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アラル海の関連キーワードカラカルパク語キルギス語シルダリア石国トルキスタンアクモラ花剌子模Шымкентカザフ族ベトパク・ダラ

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アラル海の関連情報