コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリーガル運動 アリーガルうんどうAlīgarh Movement

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アリーガル運動
アリーガルうんどう
Alīgarh Movement

19世紀後半,サイイド・アフマド・ハーンを中心とするインドのイスラム教徒の改革運動。イギリスの植民地下,ヒンドゥー教徒におくれを取ったイスラム教徒に対して,新聞や英語教育などを通じて行われた。彼らの社会の改革,向上を目指すもの。その一環としてアリーガルにムハメダン・アングロ・オリエンタル・カレッジ (のちのアリーガル大学) が創設され,多くの人材を出した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アリーガルうんどう【アリーガル運動】

19世紀末以降,北インドのアリーガル大学およびその卒業生を中心として起こったムスリムの文化教育運動。その始まりは,1875年のサイイド・アフマド・ハーンによるムハマダン・アングロ・オリエンタル・カレッジ(1920年にアリーガル・ムスリム大学Muslim University of Alīgarhに昇格)の設立である。初期には学生はおもにムスリム上流出身者で占められていたが,しだいに北インドのムスリム中間層の子弟も入学するようになり,20世紀にはインド人ムスリムを指導する多くの知識人や政治家が輩出している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アリーガル運動
ありーがるうんどう

インドのイスラム教徒(ムスリム)の間に、19世紀後半から開始された近代改革運動。1857年「インドの大反乱」(セポイの反乱)の挫折(ざせつ)からインドのムスリムは深刻な衝撃を受け、方向転換を迫られた。ここに親英と近代改革を打ち出したのがサイイド・アフマド・ハーン(1817―1898)で、ムスリムのための近代高等教育の必要を説き、アリーガルAligarh(現ウッタル・プラデシュ州西部)の地に私立カレッジ(現アリーガル・ムスリム大学)を創立した。啓蒙(けいもう)思想をウルドゥー語で説き、近代ウルドゥー文学の発展を促した。このような、彼を中心とする近代改革によりムスリムの間に自由主義が受容された。協力者にハーリー、チラーグ・アリーらがいた。[加賀谷寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アリーガル運動の関連キーワードアーザード

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android