コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルビノーニ Albinoni, Tomaso

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルビノーニ
Albinoni, Tomaso

[生]1671.6.8. ベネチア
[没]1750.1.17. ベネチア
イタリアの作曲家。 40余曲のオペラを作曲したが,初期の協奏曲の作曲家として重要で,トレリと前後して独奏バイオリン協奏曲を創始したほか,オーボエ協奏曲にも佳作を残した。『アルビノーニのアダージョ』は,彼の未完の作品の断片をジャゾットが編曲したもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アルビノーニ(Tomaso Albinoni)

[1671~1751]イタリア、バロック期の作曲家・バイオリン奏者。ベネチア楽派の一人。上品な作風で知られ、オーボエ協奏曲をはじめとする器楽作品が有名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

アルビノーニ【Tomaso Albinoni】

1671‐1751
イタリアの作曲家。作品1の《トリオ・ソナタ集》(1694)には〈ベネチアのディレッタント〉と記されているが,父の死後生計を立てる必要からか,1711年以降〈バイオリン音楽家〉と名のった。定職も音楽家との交友ももたず,ほとんど故郷でオペラ約50曲やカンタータ,数多くの器楽曲を作曲した。彼のオペラは20年以後イタリア以外でも上演され,作品1のソナタの主題はJ.S.バッハのフーガに使われるなど,旋律の美しさや特異性のために人気があった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アルビノーニ【Tomaso Albinoni】

1671~1750) イタリア-バロック盛期の作曲家。ベネチア楽派の一人。清澄・上品な旋律美が特徴。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルビノーニ
あるびのーに
Tomaso Albinoni
(1671―1750)

イタリア盛期バロックの作曲家。ベネチアの裕福な紙商人の長男として生まれ、レグレンツィに師事したと推定される。父の死(1709)後、家業を弟たちに任せ、音楽に専心する。12曲からなる有名な協奏曲集(作品9)がアムステルダムから出版された1722年ごろ活動は頂点に達し、彼のオペラはミュンヘンなど国外でも上演された。ビバルディとほぼ同時代にベネチアで活躍、同地で没した。育ちのよさを具現する上品な音楽性と、天性の旋律美を特徴とする。オーボエ協奏曲、オルガンと弦のためのアダージョなどの器楽曲と並び、55曲のオペラも書いている。[樋口隆一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アルビノーニの関連キーワードバッハ:フーガ イ長調(アルビノーニの主題による)/piano soloピエール ピエルロ6月14日清澄

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android