コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルビ Albi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルビ
Albi

フランス南部,タルン県の県都。タルン川マシフサントラルから平野に出る谷口に位置する。ガロ・ローマ時代からの重要な都市で,12世紀にはキリスト教異端の一派であるアルビ派の根拠地となる。建築史上有名な中世ゴシック建築で煉瓦造りの聖セシル大聖堂(1277~1512)をはじめ,9世紀の古橋であるビュー橋,13世紀に大司教の宮殿だった美しい赤煉瓦のベルビー宮などがみられる。ベルビー宮は現在は美術館になっており,アルビ出身の画家トゥールーズ=ロートレックの作品が展示されている(→トゥールーズ=ロートレック美術館)。これらはアルビの司教都市として 2010年,世界遺産の文化遺産に登録された。タルン川峡谷探訪の基地としても観光は重要な産業である。またセメント,染物,ガラスなどの工業もあり,商業の中心地となっている。人口 4万8100(2005推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アルビ(Albi)

フランス南部、タルヌ県の都市。同県の県都で、タルヌ川沿いに位置する。中世に織物業・皮革業・藍染料の交易で発展。10世紀に築造されたタルヌ川に架かる赤れんがの橋や、13世紀から15世紀にかけて建造されたゴシック式サントセシル大聖堂がある。画家ロートレックの生地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

アルビ【Albi】

フランス南部,タルン県の県都。大司教座所在地。人口4万9000(1990)。中央高地からガロンヌ流域平原に流れこむタルン川に沿った町。ローマ時代以来の歴史をもつが,12~13世紀に南フランス全域に広がったキリスト教異端カタリ派(アルビジョア派)の中心地のひとつとして知られる。旧市街に残るサント・セシル大聖堂(13~16世紀)は南方ゴシック建築の代表。画家ロートレックの生地で,その美術館がある。現在は,中世以来の交易都市としての機能のほかに,ラックの天然ガスを利用した工業も興っている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルビ
あるび
Albi

フランス南部、タルン県の県都。マッシフ・サントラル(中央群山)とアキテーヌ盆地の接触地帯にある。人口4万6274(1999)。中世以来の商業都市であるが、現在は行政、宗教、商業、工業(火力発電所、製鉄業、繊維工業、ガラス工業など)、観光の中心である。ゴシック様式のサント・セシル大聖堂は有名。画家ロートレックの生誕地で、市内にロートレック美術館がある。町は赤れんがの家並みで美しいことでも知られる。[青木伸好]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アルビの関連キーワードトゥールーズ=ロートレック美術館アルビン・W. ゴールドナートゥールーズ=ロートレックスキンコンディショナーニコラウス[アミアン]アラヌス[リールの]インノケンチウス3世アルビジョア十字軍実物的景気循環理論アルビレックス新潟ジーン ジョレスプリスキリアヌストルバドゥールアルビ司教都市新潟総合テレビモンモランシーアルビジョワ派ボゴミール派フェアリアスエクス・ヴィ

アルビの関連情報