コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルビ アルビAlbi

5件 の用語解説(アルビの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルビ
アルビ
Albi

フランス南部,タルン県の県都。タルン川マシフサントラルから平野に出る谷口に位置する。ガロ・ローマ時代からの重要な都市で,12世紀にはキリスト教異端の一派であるアルビ派根拠地となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アルビ(Albi)

フランス南部、タルヌ県の都市。同県の県都で、タルヌ川沿いに位置する。中世に織物業・皮革業・藍染料の交易で発展。10世紀に築造されたタルヌ川に架かる赤れんがの橋や、13世紀から15世紀にかけて建造されたゴシック式サントセシル大聖堂がある。画家ロートレックの生地。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

アルビ【Albi】

フランス南部,タルン県の県都。大司教座所在地。人口4万9000(1990)。中央高地からガロンヌ流域平原に流れこむタルン川に沿った町。ローマ時代以来の歴史をもつが,12~13世紀に南フランス全域に広がったキリスト教異端カタリ派(アルビジョア派)の中心地のひとつとして知られる。旧市街に残るサント・セシル大聖堂(13~16世紀)は南方ゴシック建築の代表。画家ロートレックの生地で,その美術館がある。現在は,中世以来の交易都市としての機能のほかに,ラック天然ガスを利用した工業も興っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルビ
あるび
Albi

フランス南部、タルン県の県都。マッシフ・サントラル(中央群山)とアキテーヌ盆地の接触地帯にある。人口4万6274(1999)。中世以来の商業都市であるが、現在は行政、宗教、商業、工業(火力発電所、製鉄業、繊維工業ガラス工業など)、観光の中心である。ゴシック様式サント・セシル大聖堂は有名。画家ロートレックの生誕地で、市内にロートレック美術館がある。町は赤れんがの家並みで美しいことでも知られる。[青木伸好]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アルビの関連情報