コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルベール2世 アルベールにせいAlbert II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルベール2世
アルベールにせい
Albert II

[生]1934.6.6. ブリュッセル
ベルギー国王(在位 1993~ )。レオポルド3世の二男。1953年ベルギー海軍に入隊。1962年から 1993年に即位するまでベルギー貿易振興会名誉会長。また長年にわたりベルギー赤十字総裁や国際オリンピック委員会 IOCの役員を務めた。1959年結婚,3人の子をもうけた。1993年7月の兄ボードアン1世の死去により,同年8月9日第6代ベルギー国王として即位した。オートバイの熱烈な愛好家としても知られ,2003年の即位 10周年祝典では 2万人ものライダーによる記念パレードを指揮した。1993年の憲法改正によってベルギーは連邦制となり,国王の権限もかぎられたものとなったが,フランス語系のワロン地域(→ワロン人)とフラマン語系のフランドル地域の政治的対立が深刻化するなか(→フレミア・ワロニー問題),アルベール2世は国家統一の象徴として重要な役割を担った。2007年から 2008年にかけてベルギー議会が長期にわたり不安定な状態に陥った際には,連立政権の成立に向けて積極的な交渉を行なった。

アルベール2世
アルベールにせい
Albert II, prince de Monaco

[生]1958.3.14. モナコ
モナコ大公(在位 2005~ )。フルネーム Albert Alexandre Louis Pierre de Grimaldi, prince de Monaco, marquis de Baux。レーニエ3世とグレース・ケリーの長男。アメリカ合衆国のアマースト大学で,1981年文学士号を取得し卒業。その後短期間フランス海軍に在籍した。1982年の母の死後モナコ赤十字総裁に就任し,数多くの慈善活動に携わった。熱心なスポーツマンで,1987年にモナコ・ボブスレー・スケルトン連盟を設立,自身もボブスレーの選手として 5度のオリンピック出場を果たした。また国際オリンピック委員会 IOC委員も務め,多くの役職を歴任。1994年にはモナコオリンピック委員会委員長に就任した。2005年レーニエ3世の死去に伴い,同年 7月12日正式に即位。しかしその数日前,アルベール2世が婚外に息子をもうけていたことを公に認めていたため,即位に際してはさまざまな異論があった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

現代外国人名録2012の解説

アルベール2世
アルベールニセイ
Albert II


国籍
ベルギー

肩書
ベルギー国王(第6代)

本名
Albert Félix Hambert Eugene Marie Théodore Christian Eugen Marie

生年月日
1934/6/6

出生地
ベルギー ブリュッセル

経歴
第二次大戦中家族でドイツに連行されるなどの苦労を味わい、戦後も父レオポルド3世が第二次大戦の責任問題で退位し、兄のボードワン1世に王位を譲った経緯を見て育った。1959年イタリア貴族出身のパオラ妃と結婚。長男フィリップ殿下を含む二男一女がある。憲法の規定に基づき上院議員を務める一方、海軍少将やベルギー貿易振興会名誉総裁、ベルギー赤十字社総裁などを歴任。’93年8月急死した兄の後を継いで第6代国王に即位。2000年4月心臓のバイパス手術を受ける。1996年、’99年国賓として夫妻で来日。

アルベール2世
アルベールニセイ
Albert II


国籍
モナコ

専門
ボブスレー選手

肩書
モナコ公国大公(元首)

本名
Albert Alexandre Louis Pierre Grimaldi

生年月日
1958/3/14

学歴
アマースト大学〔1981年〕卒

経歴
父のモナコ公レーニエ3世と米国女優だった母グレース王妃の間に生まれる。1981年米国アマースト大学卒業後、フランス海軍に一時勤務。スポーツマンとして知られ、国際オリンピック委員を務めながら、’86年からボブスレー競技を始め、ボブスレー選手として冬季五輪に5度出場。’88年カルガリー五輪2人乗り25位、’92年アルベールビル五輪4人乗り27位、’94年リレハンメル五輪2人乗りに出場。2005年4月レーニエ3世の死去に伴い、7月モナコ公国大公(元首)に即位。2006年4月英国人、ロシア人らと犬ぞりで北極点到達を成し遂げた。2011年7月南アフリカの元水泳選手シャルレーヌ・ウィットストックと結婚。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

367日誕生日大事典の解説

アルベール2世

生年月日:1934年6月6日
ベルギー国王

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

アルベール2世の関連キーワードサンミッシェル大聖堂フェルホフスタットベルギー分裂の危機ファン・ロンパイシャルレーン公妃フィリップ皇太子生年月日

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アルベール2世の関連情報