コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルムクビスト

4件 の用語解説(アルムクビストの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アルムクビスト

スウェーデンの作家。農村にあこがれ農民と結婚したが,都会に戻って新聞記者,高等学校長などとして活動。老人を毒殺した嫌疑で米国へ逃亡,最後はブレーメンで死ぬという波瀾(はらん)に満ちた生涯の間に,怪奇空想小説《アモリーナ》(1822年),歴史小説《女王の宝石》などを書いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

アルムクビスト Almqvist, E.

1852-? スウェーデンの医師,植物学者。
1852年8月8日生まれ。北氷洋探検船ベガ号で隊長ノルデンシェルドとともに乗組員として,明治12年(1879)横浜にくる。2ヵ月の滞日の間に地衣類を採集した。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

アルムクビスト【Carl Jonas Love Almqvist】

1793‐1866
スウェーデンの作家。ウプサラ大学に学ぶ。ストックホルム公務員となった後,理想の農民生活を田園に求めたが挫折,作家生活に入る。奔放な空想にみちた小説《アモリーナ》(1823年に完成,書き改めて39年に出版)をはじめ,革新的なロマン主義運動の旗手として,詩,劇,評論に筆をふるい,主要作品は《野ばらの書》(1833‐51)にまとめられている。グスタブ3世の宮廷の舞姫を配した華麗な小説《女王の宝石》(1834)の後,一転してルソーの〈自然に返れ〉の思潮を基盤に,素朴な農民生活を主題に《会堂》(1838)ほかの写実的な作品を書く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルムクビスト
あるむくびすと
Carl Jonas Love Almqvist
(1793―1866)

スウェーデンの作家。11月28日ストックホルムで生まれる。ウプサラ大学卒業後公務員、2年間の農民生活ののち、作家活動に入る。怪奇、奔放な空想に満ちた小説『アモリーナ』(1823年完成。書き改めて1839年出版)をはじめ、多作、多彩な彼は『野ばらの書』(1833~1851)にみられるように、詩、劇、評論に健筆を振るい、革新的なロマン主義運動の旗手と目された。グスタフ3世王朝の舞姫を配した華麗な小説『女王の宝石』(1834)ののちは、一転して、ルソー風の「自然に帰れ」の思潮を基盤として、素朴な農民生活に取材した『会堂』(1838)ほかの写実的な作品を書いた。『それでよい』(1839)には、結婚は愛と理解に基づく個人の問題で、国家、教会が介入する余地はないとの主張を盛って、周囲のひんしゅくを買った。そのうえ文書偽造、毒殺未遂の容疑で1851年アメリカへ逃れ、各地を放浪ののち、ヨーロッパへの帰途、1866年9月26日、ドイツのブレーメンで死去。彼の作風の変貌(へんぼう)の激しさは、彼の生きた時代が一種の過渡期であったためでもあろうが、なによりも彼自身矛盾に満ちた振幅の激しい性格の持ち主であったことによる。その生涯はスウェーデン文学史上もっとも謎(なぞ)に満ちたものとされている。[田中三千夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone