コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレクサンドロフ アレクサンドロフAleksandrov

2件 の用語解説(アレクサンドロフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アレクサンドロフ
アレクサンドロフ
Aleksandrov

ロシア西部,ウラジーミル州の都市。州都ウラジーミル西北西約 100kmにある。 13世紀より知られ,16世紀イワン4世 (雷帝) の離宮があったところで,古い建築記念物が保存されている。テレビ製造,人工皮革,繊維などの工業がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アレクサンドロフ
あれくさんどろふ
Павел Сергеевич Александров Pavel Sergeevich Aleksandrov
(1896―1982)

旧ソ連有数の数学者。スイスホップHeinz Hopf(1894―1971)との共著『位相幾何学Topologie (1935)で有名。医師の子としてボゴローツク(現、ノギーンスク)に生まれ、音楽その他教養が広く、水泳を好んだ。13歳のときロバチェフスキーの幾何を知って感激し、モスクワ大学に入学した17歳のとき、カントルの『超限集合論』を読んでさらに感動し、19歳のとき早くもボレル集合の濃度の問題解決で数学界にデビュー、一躍名をあげた。25歳からの3年間、ウリソーンと親密な行動をともにした期間に位相空間の基礎的研究をし、のちに一般位相幾何、次元論など多くの基礎的研究を行った。多くの知己をもち、ヒルベルトにも近づき、オランダのブラウアーLuitzen Egbertus Jan Brouwer(1881―1966)、ドイツのネーターと親しく、同国人ではとくにコルモゴロフが親しかった。若い数学者も多く養成している。
 彼は、師弟関係は親子と同じ終生的なものだが、ときに相克が深刻になる場合があるといい、彼自身と大学時代の師ルージンН.Н.Лузин(1883―1950)との相克、ブラウアーとヒルベルトとの相克を例としてあげている。その自伝Pages from an autobiographyは、数学者のみならず、心理学者にとっても貴重な資料であろう。[寺阪英孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアレクサンドロフの言及

【コスチョンキ遺跡群】より

…文化層は上部更新世の砂質粘土層中に包含され,遺跡のうちには何枚もの文化層をもつ多層位の遺跡がある。コスチョンキI,アレクサンドロフ,テリマンスク,ボルシェボIの多層位遺跡はヨーロッパの旧石器遺跡の中でも卓越した内容をもっている。遺跡群のなかでコスチョンキIがもっとも早く1879年にI.S.ポリャコフにより発見された。…

※「アレクサンドロフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アレクサンドロフの関連情報