コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレクサンドロフ Aleksandrov

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アレクサンドロフ
Aleksandrov

ロシア西部,ウラジーミル州の都市。州都ウラジーミルの西北西約 100kmにある。 13世紀より知られ,16世紀イワン4世 (雷帝) の離宮があったところで,古い建築記念物が保存されている。テレビ製造,人工皮革,繊維などの工業がある。モスクワの北東にあり,鉄道で結ばれる。人口6万 8600 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アレクサンドロフ
あれくさんどろふ
Павел Сергеевич Александров Pavel Sergeevich Aleksandrov
(1896―1982)

旧ソ連有数の数学者。スイスのホップHeinz Hopf(1894―1971)との共著『位相幾何学Topologie (1935)で有名。医師の子としてボゴローツク(現、ノギーンスク)に生まれ、音楽その他教養が広く、水泳を好んだ。13歳のときロバチェフスキーの幾何を知って感激し、モスクワ大学に入学した17歳のとき、カントルの『超限集合論』を読んでさらに感動し、19歳のとき早くもボレル集合の濃度の問題解決で数学界にデビュー、一躍名をあげた。25歳からの3年間、ウリソーンと親密な行動をともにした期間に位相空間の基礎的研究をし、のちに一般位相幾何、次元論など多くの基礎的研究を行った。多くの知己をもち、ヒルベルトにも近づき、オランダのブラウアーLuitzen Egbertus Jan Brouwer(1881―1966)、ドイツのネーターと親しく、同国人ではとくにコルモゴロフが親しかった。若い数学者も多く養成している。
 彼は、師弟関係は親子と同じ終生的なものだが、ときに相克が深刻になる場合があるといい、彼自身と大学時代の師ルージンН.Н.Лузин(1883―1950)との相克、ブラウアーとヒルベルトとの相克を例としてあげている。その自伝Pages from an autobiographyは、数学者のみならず、心理学者にとっても貴重な資料であろう。[寺阪英孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアレクサンドロフの言及

【コスチョンキ遺跡群】より

…文化層は上部更新世の砂質粘土層中に包含され,遺跡のうちには何枚もの文化層をもつ多層位の遺跡がある。コスチョンキI,アレクサンドロフ,テリマンスク,ボルシェボIの多層位遺跡はヨーロッパの旧石器遺跡の中でも卓越した内容をもっている。遺跡群のなかでコスチョンキIがもっとも早く1879年にI.S.ポリャコフにより発見された。…

※「アレクサンドロフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アレクサンドロフの関連キーワードアレクサンドロフスク・サハリンスキーアレクサンドル アレクサンドロフモスクワのクレムリンと赤の広場マケドニア内部革命組織ボルトキエービッチアレクサンドル宮殿ニジネバルトフスクエイゼンシュテイントゥハチェフスキーコスチョンキ遺跡群パベル ウリソーンポントリャーギンロシア国立美術館トハチェフスキージダーノフ批判ノボシビルスク坂本 志魯雄タタール海峡シャフトゥイベロゴルスク

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アレクサンドロフの関連情報