アレルギーマーチ(読み)あれるぎーまーち

日本大百科全書(ニッポニカ)「アレルギーマーチ」の解説

アレルギーマーチ
あれるぎーまーち

乳児期から成長するにつれて、次々に異なるアレルギー疾患が連鎖的に現れる現象。原因と発症臓器を異にして、次から次へとアレルギーが出現するようすから、日本の小児科医馬場実によってマーチ(アレルギーの行進)の名が提唱された。遺伝的アレルギー体質(アトピー体質)の子供にみられることが多く、乳児期のアトピー性皮膚炎、湿疹(しっしん)などや、腹痛・下痢および便秘などの症状から始まり、幼児期、学童期、思春期へと成長するにしたがい、気管支喘息(ぜんそく)や花粉症、アレルギー性鼻炎などの多種多様なアレルギー疾患を発症していく。乳児期には牛乳や卵などがアレルギーの原因(アレルゲン)となることが多いが、年齢とともに感作(かんさ)するアレルゲンに応じて中心となるアレルギー症状も変化していく。思春期ころから成人に近づくにつれて、しだいにアレルギー症状はみられなくなることが多いが、人によっては喘息などの症状が持続する場合もある。

[編集部 2017年4月18日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android