アロー戦争(読み)あろーせんそう

日本大百科全書(ニッポニカ)「アロー戦争」の解説

アロー戦争
あろーせんそう

1856年、イギリス国旗を掲げていたアローArrow号という船に清(しん)朝官憲が乗り込んで中国人海賊を逮捕したアロー号事件口実に、イギリスがフランスと連合して中国にしかけた戦争。中国では第二次アヘン戦争という。事件当時、アロー号は明らかに中国人の所有するものであったが、イギリスの出先当局は、国旗、ひいては国家の名誉が傷つけられたとして、賠償金や謝罪、責任者の処罰を要求し、これが頑固な保守排外派だった両広総督葉名琛(ようめいしん)に拒否されると、総督衙門(がもん)を砲撃した。イギリス政府(パーマストンのホイッグ党内閣)はこれを契機に、公使の北京(ペキン)駐在権、内地の開放(内地旅行と揚子江(ようすこう)の開放)、アヘン貿易の合法化などを主内容とする年来の条約改正要求の実現を目ざして開戦しようとした。しかしコブデンら議会のリベラル派を中心とする勢力に否決され、下院の解散と総選挙によって信任を得たのち、1857年3月に遠征軍を中国に派遣した。しかしインドの「セポイの反乱」(インドの大反乱)に兵力を割くことを余儀なくされ、同年末、中国遠征が再開された。前年2月広西でフランス人宣教師が殺害された事件を口実に、ナポレオン3世のフランスも遠征に参加し、連合軍は1858年、広東(カントン)、天津(てんしん)を占領し、天津条約を締結した。しかし条約の批准交換を北京で強行しようとして清軍の反撃を受け、1860年、2万の兵力で遠征を再開し、北京を占領、円明園を破壊、略奪し尽くして清朝を屈伏させ、北京条約に調印させた。なおこの戦争は、江戸幕府が1858年(安政5)日米修好通商条約に調印する大きな契機となった。

[小島晋治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「アロー戦争」の解説

アロー‐せんそう ‥センサウ【アロー戦争】

(アローはArrow) 一八五六年、イギリス国旗を掲げた清国船アロー号が、清国官憲により国旗がひき降ろされた事件を契機として、清とイギリス、フランスとの間で戦われた戦争。一八五八年の天津条約、六〇年の北京条約によって終了。第二次アヘン戦争。アロー号事件。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版「アロー戦争」の解説

アロー戦争
アローせんそう
Arrow

1856年10月,広東(広州)で清国官憲がイギリス船籍のアロー号の中国人水夫を海賊容疑で捕らえたことを契機に,清とイギリス・フランス間に行われた戦争
広東の反英気運や清の条約不履行を不満とし,さらに貿易の拡大をめざして南京条約の改定を望んでいたイギリスは,これを口実に広西省の宣教師殺害事件で清と交渉中のフランスと連合し,1857年広東を占領,58年には天津に迫り,アメリカ・ロシア2国とともに太平天国の乱に苦しむ清と天津条約を結んだ。翌年,その批准交換のイギリス・フランス使節が砲撃されて再び開戦となった。1860年イギリス・フランス連合軍は北京を占領して円明園を焼き払い,ロシアの調停で北京条約を結んだ。この結果,アヘン貿易は公認され,開港場は長江流域から華北・満州に及び,アヘン戦争後の中国の半植民地化をさらに推進した。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アロー戦争」の解説

アロー戦争
アローせんそう
Arrow War

咸豊6 (1856) 年,イギリス船籍の『アロー』号の中国人船員を,清朝官兵が逮捕したことに端を発した,清とイギリス,フランスとの戦争。「第2次アヘン戦争」ともいう。南京条約以後のイギリス綿布の中国輸出は急増したが,その量はイギリスが期待していたほどではなく,伸び悩みをみせていた。このためイギリスはさらに大きな通商上の権利を獲得して,華北,華中への進出をはかろうとして,広西省で宣教師を殺害されたフランスと共同して出兵した。英仏軍は同7年広東を占領,同8年天津に迫ったので,太平天国鎮圧に苦しんでいた清朝は天津条約を結んだ。翌年の批准使砲撃事件で戦闘は再開され,同 10年英仏連合軍は北京を占領,円明園を焼打ちし,清帝は熱河に避難した。同年の北京条約で英仏の要求を認め,さらに和議仲介をしたロシアとも条約を結んで落着した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「アロー戦争」の解説

アロー戦争【アローせんそう】

1856年,清国官憲が英国旗を掲げた香港船籍のアロー号の中国人乗組員を捕らえ,国旗を侮辱した事件を発端とする清朝と英仏間の戦争。第2次アヘン戦争とも。同年フランス人宣教師殺害事件があったため,英仏両国は共同出兵して天津に迫る。このため1858年天津条約を締結。1859年英仏の批准交換全権の艦隊が大沽(タークー)で砲撃され戦闘再開。両国軍は北京に迫り円明園の破壊や略奪を行った。清は屈服し1860年北京条約を締結。
→関連項目アヘン戦争総理衙門大沽中華人民共和国パーマストン洋務運動

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「アロー戦争」の解説

アロー‐せんそう〔‐センサウ〕【アロー戦争】

1856年、広東(カントン)で清(しん)国船アロー(Arrow)号の掲げていたイギリス国旗を清国官憲が引き下ろした事件をきっかけに、貿易拡大を望むイギリスがフランスと連合して清国と始めた戦争。清国は屈服し、1858年の天津条約、1860年の北京条約によって終結。第二次アヘン戦争。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアロー戦争の言及

【第2次アヘン戦争】より

…アヘン戦争ののち,アロー号事件を発端として起こったイギリス・フランス連合軍による中国侵攻戦争。アロー戦争,アロー号事件ともいう。1856年(咸豊6)10月8日,広東前面の珠江に停泊していた,香港船籍,中国人所有のローチャ船アロー号(実際は船籍期限が切れていた)のイギリス国旗が中国兵によって引き下ろされ,船員は海賊容疑で拉致された。…

※「アロー戦争」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android