コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンボイナ事件 アンボイナじけんAmboina Massacre

2件 の用語解説(アンボイナ事件の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンボイナ事件
アンボイナじけん
Amboina Massacre

1623年,アンボイナ (現アンボン ) 駐在オランダ守備隊がイギリス商館員を殺害した事件。イギリス人インドネシアからの退去の端緒となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンボイナ事件
あんぼいなじけん

インドネシア東部のアンボイナAmboina島(アンボン島)で起きた、イギリスとオランダの衝突事件。17世紀初頭、オランダ、イギリス両東インド会社アンボイナ島に商館を設立して、香料貿易で激しく競争していた。1623年2月11日夜、イギリス人に雇われていた七蔵という日本人傭兵(ようへい)が、たまたまオランダ要塞(ようさい)の衛兵と雑談していたことから嫌疑を受け、11名の日本人が捕らえられ、拷問を受けて、日本人が要塞奪取の陰謀を企てているということを自白させられた。オランダは、これをイギリス人との共謀によるものとし、イギリス商館長以下商館員などを捕らえた。そして拷問の結果得た「自白」をもとに日本人9名、イギリス人10名、ポルトガル人1名が処刑された。
 この事件の結果、イギリス東インド会社は日本、東南アジアから撤退し、インドに活動の場を求めることとなり、香料諸島(モルッカ諸島)におけるオランダ東インド会社の優位が確立した。一方、この事件をめぐってイギリス、オランダ本国の間に論争が生じ、1654年にオランダはイギリスに賠償金を支払ったが、最終的な解決は1667年のブレダ条約によって初めてなされた。[生田 滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アンボイナ事件の関連キーワードヤン・ヨーステン日野輝資ルセナ黒田長政直方[市]徳川家光伏見城伊藤坦庵ウルバヌス黒田長政

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone