アンボイナ事件(読み)アンボイナじけん(英語表記)Amboina Massacre

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンボイナ事件
あんぼいなじけん

インドネシア東部のアンボイナAmboina島(アンボン島)で起きた、イギリスとオランダの衝突事件。17世紀初頭、オランダ、イギリス両東インド会社はアンボイナ島に商館を設立して、香料貿易で激しく競争していた。1623年2月11日夜、イギリス人に雇われていた七蔵という日本人傭兵(ようへい)が、たまたまオランダ要塞(ようさい)の衛兵と雑談していたことから嫌疑を受け、11名の日本人が捕らえられ、拷問を受けて、日本人が要塞奪取の陰謀を企てているということを自白させられた。オランダは、これをイギリス人との共謀によるものとし、イギリス商館長以下商館員などを捕らえた。そして拷問の結果得た「自白」をもとに日本人9名、イギリス人10名、ポルトガル人1名が処刑された。
 この事件の結果、イギリス東インド会社は日本、東南アジアから撤退し、インドに活動の場を求めることとなり、香料諸島(モルッカ諸島)におけるオランダ東インド会社の優位が確立した。一方、この事件をめぐってイギリス、オランダ本国の間に論争が生じ、1654年にオランダはイギリスに賠償金を支払ったが、最終的な解決は1667年のブレダ条約によって初めてなされた。[生田 滋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android