コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンモニアソーダ法 アンモニアソーダホウ

百科事典マイペディアの解説

アンモニアソーダ法【アンモニアソーダほう】

炭酸ナトリウム(炭酸ソーダ)の工業的製造法の一つ。〈ア法〉と略称,ソルベー法ともいう。1860年代にE.ソルベーが開発・工業化に成功した。コークス製造の際,副生成物として得られるアンモニアを有効利用しようとするもの。
→関連項目塩化カルシウムソーダ工業炭酸ナトリウムルブラン法

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

アンモニアソーダほう【アンモニアソーダ法】

炭酸ナトリウムの製造法。飽和食塩水にアンモニアを注入し、次いで石灰石から得た二酸化炭素を加圧溶解すると炭酸水素ナトリウムが沈殿する。これを分離・加熱分解して炭酸ナトリウムを得る。1861年ベルギーの E =ソルベーが工業化(特許取得)した。ソルベー法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンモニアソーダ法
あんもにあそーだほう

食塩NaClと石灰石(CaCO3が主成分)を主原料、アンモニアNH3を副原料としてソーダ灰(無水炭酸ナトリウムNa2CO3)を製造する方法。ア法とも略す。1860年ベルギーのソルベーが発明したのでソルベー法ともいう。濃厚食塩水にアンモニアを飽和させ、ついで、石灰石を約1000℃で(かしょう)して得た炭酸ガスを吹き込み、炭酸化を行うと重曹(炭酸水素ナトリウムNaHCO3)が沈殿する。重曹を母液から濾別(ろべつ)して焼するとソーダ灰が得られる。母液中には副生した塩安(塩化アンモニウムNH4Cl)が多量溶存しているので、母液に石灰乳を加えて加熱蒸留してアンモニアを回収、再利用する。以上の工程は、
  2NaCl+CaCO3―→Na2CO3+CaCl2
の反応である。第一次世界大戦後アンモニアソーダ法が従来のルブラン法に取って替わり、現在、ソーダ灰の製造はほとんどこの方法によっている。ア法の難点は食塩の利用率が約72%と低いことで、工業塩のほとんどを輸入している日本では、この改変法として、ソーダ灰と塩安を併産する塩安ソーダ法を実施している。[塩川二朗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアンモニアソーダ法の言及

【ソルベー】より

…ベルギーの化学技術者。アンモニアソーダ法またはソルベー法と呼ばれる炭酸ソーダ(炭酸ナトリウム)の工業的製造技術の確立者。製塩業者の子に生まれ,高等教育を受けずに,父やおじの経営する製塩業やガスの製造業に従事した。…

【炭酸ナトリウム】より

…(1)工業塩からの製造 乾式分解法と湿式分解法とがある。前者にルブラン・ソーダ法,後者にアンモニアソーダ法および塩安ソーダ法がある。アンモニアソーダ法はソルベー・ソーダ法(ソルベー法)とも呼ぶ。…

※「アンモニアソーダ法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アンモニアソーダ法の関連キーワード無水炭酸ナトリウム日本科学史(年表)水酸化ナトリウム塩化アンモニウムアンモニア工業酸化カルシウム岩瀬 徳三郎ディーコン電解ソーダ化学工業ソーダ灰モント晶出塩安

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android