コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンリ2世様式 アンリにせいようしきHenri II style

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンリ2世様式
アンリにせいようしき
Henri II style

フランスのアンリ2世の宮廷を中心として,16世紀後半のフランスに流行した装飾美術の様式。主としてイタリアのマニエリスムの影響下に,直線や平行線を使った繊細な文様や形式に特徴がある。代表的な家具製作者はユーグ・サンバン。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アンリにせいようしき【アンリ2世様式】

アンリ2世の統治期(1547‐59)を中心として16世紀後半から17世紀初頭にかけて開花したフランス美術の様式。前代のフォンテンブロー派(第1次)が,プリマティッチョをはじめ多くのイタリア人芸術家の主導下に華麗な装飾性を示したのに対して,その影響は持続してはいたが,アンリ2世と周辺の芸術家たちはイタリア人を招かず,フランスの独自性に基づいて簡潔・優雅なフランス古典主義を確立しようとした。当時のイタリアは,マニエリスムの絶頂期にあったが,アンリ2世とその芸術家が指向したのは,むしろイタリア・ルネサンスの古典期であり,その様式であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android