コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イカリムシ イカリムシ Lernaea cyprinacea

3件 の用語解説(イカリムシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イカリムシ
イカリムシ
Lernaea cyprinacea

顎脚綱ウオジラミ目イカリムシ科 Lernaeidaeの淡水産寄生動物。体長 7~9mm。体は棒状で,無色ないし淡黄緑色。ウナギ,コイ,フナ,キンギョメダカなどの淡水魚の体表や,口腔に寄生する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

イカリムシ

橈脚(かいあし)類イカリムシ科の甲殻類。ウナギ,コイ,キンギョなどの淡水魚の口腔や鰓(えら)に寄生する。雌は棒状で長さ4〜12mmくらい,ほとんど無色。付属肢は著しく退化し,頸部(けいぶ)までを寄主に挿入している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イカリムシ
いかりむし / 錨虫
[学]Lernaea cyprinacea

節足動物門甲殻綱ウオジラミ目イカリムシ科に属する水生小動物。ウナギ、コイ、フナ、キンギョなど淡水魚の体表やえら、口腔(こうこう)などに寄生する。ヨーロッパからアジアにかけて広く分布し、近縁種が約50種知られている。体は長さ7~9ミリメートルの棒状で、半透明ないし淡黄緑色を帯びる。雌の頭部が変形して錨(いかり)に似たような2対の突起をもち、それを宿主の体内に挿入して固着し、寄生生活をする。胸部も細長く伸び、終生宿主から離れることはない。卵嚢(らんのう)は紡錘形で、内部に球形の卵が多数収められている。孵化(ふか)したノープリウス幼生は自由生活をしたのちに魚の体表につき、宿主の体液を吸収しながら脱皮、成長する。成熟して交尾すると雄は死んでしまうが、雌は変形して固着生活を続けるという複雑な生活史をもっている。
 外見は甲殻類とは思えない姿であるが、基本的な形はよく残っており、糸状の第1、第2触角のほか、第1から第3顎脚(がっきゃく)や4対の胸肢(きょうし)などが認められる。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イカリムシの関連キーワード錨虫蝲蛄潮虫袋虫船虫蟹騙兜蝦草鞋虫大王具足虫イカリムシ(錨虫)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone