コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イギリス経験論 イギリスけいけんろんBritish empiricism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イギリス経験論
イギリスけいけんろん
British empiricism

合理論と拮抗する形で 17~18世紀のイギリスに現れた哲学思潮。哲学史的分類としては,大陸合理論ドイツ観念論などに対して用いられる。すべての哲学概念の有効性を人間経験の裏づけから判断するもので,一般にロックを確立者とするが,淵源はすでにフランシス・ベーコンやアイザック・ニュートンにある。この説はロック以後バークリーヒュームおよびその後継者により展開された。その関心事は,(1) 観念の起源,(2) 真実の可能性の探究にあった。ロックは当時の本有観念説に反対し,心は元来白紙 (→タブラ・ラサ ) で,その内容は感覚と反省から得られると説いた。この傾向は,「在るとは知覚されること (エッセ・エスト・ペルキピ ) 」であるとするバークリーの主観的観念論に展開され,さらには認識の形而上学的客観性を否定するヒュームの不可知論にいたった。このような人間の合理性の権利を主張する考えは,当時の市民社会形成の基盤ともなり,フランス革命を思想的に準備し,ドイツではカント哲学を生み出した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

イギリス‐けいけんろん【イギリス経験論】

経験論

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

イギリス経験論【イギリスけいけんろん】

F.ベーコン,ホッブズを継いでロックによって確立され,バークリーヒュームによってその後の発展をみた,イギリス近代哲学の系譜。しばしば大陸合理論に対して用いられる。
→関連項目観念経験論合理主義

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イギリスけいけんろん【イギリス経験論 British empiricism】

多くの場合,大陸合理論と呼ばれる思想潮流との対照において用いられる哲学史上の用語。通常は,とくにロックG.バークリーD.ヒュームの3人によって展開されたイギリス哲学の主流的傾向をさすものと理解されている。通説としてのイギリス経験論のこうした系譜を初めて定式化したのは,いわゆる常識哲学の主導者T.リードの《コモン・センスの諸原理に基づく人間精神の探究》(1764)とされているが,それを,近代哲学史の基本的な構図の中に定着させたのは,19世紀後半以降のドイツの哲学史家,とりわけ新カント学派に属する哲学史家たちであった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のイギリス経験論の言及

【科学哲学】より

…また,カントの哲学でさえ,その最大の動機の一つがニュートン物理学の基礎づけであるという意味において,科学哲学の一つの範例であったと見ることができる。さらに,イギリス経験論とドイツ観念論の対立論争そのものが科学的認識の基礎づけに関して争われたものであると言える。F.ベーコンの科学方法論への洞察,ロックの実験的精神,D.ヒュームの因果性の分析,G.バークリーの知覚論,さらに,新カント学派諸家の科学批判などはすべてこのような背景の中から生まれたものである。…

【観念連合】より

…心の対象である観念間を支配する連想的な関連で,任意の観念が自然に他の観念をよびおこし,心に現前させる種類の結合をいう。観念連合説の古典的形態は古くから見られるが,顕著な代表例は近代イギリス経験論で,ホッブズ,ロックらにも発見される。しかし,たとえば,ロックなどのまだ消極的な傾向とは別に,観念連合に積極的な意義を与えたのはヒュームである。…

【経験論】より

…人間の知識,認識の起源を経験とみなす哲学上の立場。合理論ないし理性主義に対立するが,この対立の代表は17~18世紀の西洋の大陸合理論対イギリス経験論である。W.ジェームズはこの対立を,諸原理によって進む硬い心の人と諸事実によって進む軟らかい心の人との気質の対立として説明した。…

【精神】より

…これはやはり超自然的秩序の想定が困難になったからであろう。実体としての精神の解体は,ロックやヒュームらイギリス経験論の哲学者によって果たされたが,それに次いで今度は能動的活動の主体としての精神の概念が確立される。カントにおける実践の主体としての理性の概念,フィヒテにおける根源的活動性としての自我の概念,ヘーゲルにおけるおのれを外化し客観化しつつ生成してゆく精神の概念などにそれが見られよう。…

【認識論】より

…この方法で認識論を構成した哲学者としてはデカルト,マールブランシュ,スピノザ,ライプニッツなどが著名である。一方また,ロック,G.バークリー,D.ヒュームなど,おもにイギリスの哲学者たちが展開した経験主義の認識論(イギリス経験論)は,観察と実験,帰納的一般化など,ア・ポステリオリな(帰結からの)方法に重きをおいて信念や知識の解釈を行い,現実世界にかかわる言明に対しては感覚的明証の裏づけを求めるのを原則とした。
[カント]
 カントは合理論と経験論の争点となった諸問題を深く考察し,近世における認識問題の解釈としては決定的ともいえる緊密な理論体系を築いた。…

※「イギリス経験論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イギリス経験論の関連キーワードリード(Carveth Read)リード(Thomas Read)ロック(John Locke)ロック哲学の基本概念山崎正一(1)エピクロス主義ボルテール山崎 正一花田 圭介人間知性論連合心理学ゲルツェン知は力なりドゥルーズ分析哲学ラッセル実証主義エイヤー花田圭介観念連合

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android