イチイ(一位)(読み)イチイ(英語表記)Taxus cuspidata; Japanese yew

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イチイ(一位)
イチイ
Taxus cuspidata; Japanese yew

イチイ科の常緑高木で,北海道から本州中・北部の山地に自生し,また庭木として広く各地で植えられる。高さ 20m,直径 70cmに達するものもある。樹皮赤褐色で浅くはげる。葉は線形で長さ約 2cm,枝に螺旋状につくが,横枝では羽状に並ぶ。雌雄異株雄花はほぼ球形の花序から成り葉腋につき,また雌花は緑色長楕円形で葉腋に1個つく。いずれも春開き,その年の秋に結実する。熟すると赤い多肉の仮種皮種子を包んで果実状になる。仮種皮は甘くて食べられる。材は優秀で建築や器具材に用いられる。イチイの名は昔この材で笏 (しゃく) をつくったことから位階の「一位」に由来するといわれる。アララギオンコ (アイヌ語) の別名もある。本種の変種とされるキャラボクT. cuspidata var. nanaは幹が分枝し全体が傘状になった低木で広く庭木に植えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

イチイ(一位)【イチイ】

アララギ,オンコとも。イチイ科の常緑高木。北海道〜九州,東アジアの寒地の山にはえる。樹皮は赤褐色。葉は線形でほぼ2列,羽状に並ぶ。雌雄異株。3〜4月開花し,雄花,雌花とも葉腋に単生する。9〜10月,多肉質の仮種皮が赤熟し黒色の種子を包む。材は鉛筆材として日本産中最良で,その他建築,器具,彫刻に利用。樹は庭木,生垣。変種にキャラボクがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イチイ【イチイ(一位) Japanese yew】

寒地の山林に自生し庭園にも見られるイチイ科の常緑針葉樹(イラスト)。アララギまたはオンコ(東北・北海道)ともいう。高さ20mにもなる高木で密に分枝する。葉は螺生(らせい)するが,横枝では2列状となり,線形で長さ1.5~3cm,先端はとがるが痛くない。雌雄異株で,3~5月に開花し,雄花は腋生(えきせい)して,4~8個の楯形葯室からなるおしべ9~15本をもつ。雌花は短い側枝に単生し,秋に黒褐色卵状球形の種子となり,その下半部は赤色肉質の仮種皮に包まれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android