コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イチイ(一位) イチイ Taxus cuspidata; Japanese yew

3件 の用語解説(イチイ(一位)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イチイ(一位)
イチイ
Taxus cuspidata; Japanese yew

イチイ科の常緑高木で,北海道から本州中・北部の山地に自生し,また庭木として広く各地で植えられる。高さ 20m,直径 70cmに達するものもある。樹皮は赤褐色で浅くはげる。葉は線形で長さ約 2cm,枝に螺旋状につくが,横枝では羽状に並ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

イチイ(一位)【イチイ】

アララギ,オンコとも。イチイ科の常緑高木。北海道〜九州,東アジアの寒地の山にはえる。樹皮は赤褐色。葉は線形でほぼ2列,羽状に並ぶ。雌雄異株。3〜4月開花し,雄花,雌花とも葉腋に単生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

イチイ【イチイ(一位) Japanese yew】

寒地の山林に自生し庭園にも見られるイチイ科の常緑針葉樹イラスト)。アララギまたはオンコ(東北・北海道)ともいう。高さ20mにもなる高木で密に分枝する。葉は螺生(らせい)するが,横枝では2列状となり,線形で長さ1.5~3cm,先端はとがるが痛くない。雌雄異株で,3~5月に開花し,雄花は腋生(えきせい)して,4~8個の楯形葯室からなるおしべ9~15本をもつ。雌花は短い側枝に単生し,秋に黒褐色卵状球形の種子となり,その下半部は赤色肉質の仮種皮に包まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イチイ(一位)の関連キーワード犬槙高野槙小谷渡ちいちい土佐水木いちいがし山林に交わるキャラボクレンゲツツジ賀茂十一野菜

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone