コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イヌマキ

百科事典マイペディアの解説

イヌマキ

マキ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イヌマキ
いぬまき / 犬槇
[学]Podocarpus macrophyllus (Thunb.) D. Don

マキ科の常緑針葉高木で、大きいものは高さ30メートル、直径2.5メートルに達する。別名マキ、クサマキ。樹皮は灰白色で、縦に浅く裂け、薄くはげる。葉は互生し、密につき、先は鈍くとがり、革質で全縁、扁平(へんぺい)な線形または披針(ひしん)形で長さ10~15センチメートル、幅8~12ミリメートル。雌雄異株。5~6月に開花する。雄花穂は細長い円柱形で黄白色をなし、小枝の側方に3~5個腋生(えきせい)する。雌花は1個ずつ小柄をもって葉腋につき、緑色の太い花托(かたく)がある。種子は球形で、9~10月に白粉を帯びた緑色に熟し、赤紫色で肉質の花托の上につく。関東地方南部以西の本州、四国、九州、沖縄、さらに中国などに広く天然分布する。材は堅いが割れやすい。耐朽性と耐水性が強く、器具、機械、土木用などにする。シロアリの害を受けないので、暖地では建築材としてよく用いられ、また庭園、公園などに広く植栽され、海辺に近い地方では生け垣または防風樹としてよく用いられる。繁殖は実生(みしょう)と挿木による。変種にラカンマキ(羅漢槇)があり、基本種に比べ葉の幅が狭く、かつ短くて密生し上向きになり、けっして下向きとはならず、白みがある。庭木としてよく用いられ、イヌマキより高価である。また園芸品種に、葉に白条のあるオキナマキ、枝の石化したセッカマキ、葉が細く針状をなすハリハマキがあり、葉が四稜(しりょう)形をなし、果実は多くは奇形のカクバマキもある。和名イヌマキは、昔、スギをマキとよんだ際、この木を卑しんで犬マキといったものであろうという。また、マキは円木(まるき)を略したものだともいわれる。[林 弥栄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イヌマキの関連キーワードラカンマキ(羅漢槇)大瀬崎(静岡県)植木(園芸樹木)真木・槙・柀マキ(樹木)マキ(槙)マキ(槇)ナギ(梛)千葉[県]移入組織伊豆半島於茂登岳マキ科防潮林羅漢槙年輪種子早材真木猿木

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イヌマキの関連情報