コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イノモトソウ

百科事典マイペディアの解説

イノモトソウ

イノモトソウ科の常緑シダ。本州中部以西の各地に分布。みぞのそば,木の下などに多い。葉は集まって出て高さ10〜25cm,数対の羽片からなる複葉で,羽片は狭い線形となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イノモトソウ【Pteris multifida Poir.】

井戸の付近のような場所によく生えることから和名が由来したが,人家,石垣,崖面などに普通にみられるイノモトソウ科のシダ(イラスト)。根茎は短くはい,黒褐色の鱗片をつける。葉は叢生(そうせい)し,2形をなす。栄養葉は長くて40cm,胞子葉は60cmに達する。胞子葉は葉柄と葉身がほぼ同長,羽状分裂し,羽片の幅は約5mm,下部の羽片は少数の裂片をつけ,中・上部の羽片は中軸に流れて翼となる。栄養葉は羽片も,裂片も少ないが,幅はやや広い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イノモトソウ
いのもとそう / 井の許草
[学]Pteris multifida Poir.

イノモトソウ科の常緑性シダ。根茎は短く、黒褐色の鱗片(りんぺん)がある。葉は洋紙質で、栄養葉と胞子葉がある。栄養葉は小さく、羽片は幅8ミリメートル前後で縁(ふち)には浅い鋸歯(きょし)があり、線形で軸に沿って流れ、翼をつくる。胞子葉は栄養葉よりはるかに大きく、長さ60センチメートルに達し、羽片の縁に沿って長く胞子嚢(ほうしのう)群をつける。関東地方以西の各地に広く分布し、平地や山麓(さんろく)では、よくみかける。近縁のオオバノイノモトソウP. creticaはさらに大形で、栄養葉は長さ60センチメートルに達し、羽片の幅も3センチメートルになり、中軸には翼がない。胞子葉は栄養葉より長く、羽片の幅が狭い。関東、北陸以西の山地の林下などに普通にみられる。マツザカシダP. nipponicaはオオバノイノモトソウに似るが、葉は濃緑色でやや質が厚く、羽片の中軸に沿って著しい白斑(はくはん)があり、観葉植物として広く国内外で栽培される。本州、四国、九州の暖地に産するが、まれである。栽培は鉢植えがよく、水はけのよい培土を好むが、乾燥に注意する。[西田治文]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イノモトソウの関連キーワード枝打ち本宮羊歯八重山本宮羊歯西国本宮羊歯樋の谷羊歯小八丈羊歯外輪野羊歯大葉井許草黒鉄羊歯沖縄孔雀黄連羊歯乙女孔雀紀州羊歯透綾孔雀孔雀羊歯箱根羊歯プテリス助六一薬八丈羊歯那智羊歯天草羊歯

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android