コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イフガオ族 イフガオぞく Ifugao

2件 の用語解説(イフガオ族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イフガオ族
イフガオぞく
Ifugao

フィリピン北部,ルソン島北部のコルディエラセントラル山脈に居住するマレー系の一民族。フィリピン政府の国家統合委員会によって少数民族の一つに指定された。人口約 19万と推定される。棚田を用いる稲作農耕民で (→階段耕作 ) ,陸稲,サツマイモトウモロコシサトウキビ,豆類も栽培する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

イフガオぞく【イフガオ族 Ifugao】

フィリピン,ルソン島北部,コルディリエラ山脈東部に位置するイフガオ州一帯に住むプロト・マレー系の少数民族。人口13万(1975)。標高1000~1500mの山腹に,泥壁あるいは石垣を築いて棚田を作り,水稲耕作を行うことで知られる。特にバナウエ周辺の景観は有名である。稲作は社会的・宗教的に重要な意味を持ち,農作業の各段階に応じたさまざまな儀礼が発達している。また棚田や水牛の所有数によって貧富の格差が見られ,米の生産余剰を持つ富裕層,棚田をほとんど持たない貧困層,およびその中間層という階層化が見られる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イフガオ族の関連キーワードフィリピン海溝ルソン島比律賓フィリピン海プレートフィリピン諸島フィリピン鷲クリビッフィリピン毛頭虫感染カガヤン[川]フィリピンの金

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イフガオ族の関連情報