コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イフガオ族 イフガオぞくIfugao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イフガオ族
イフガオぞく
Ifugao

フィリピン北部,ルソン島北部のコルディエラセントラル山脈に居住するマレー系の一民族。フィリピン政府の国家統合委員会によって少数民族の一つに指定された。人口約 19万と推定される。棚田を用いる稲作農耕民で (→階段耕作 ) ,陸稲,サツマイモ,トウモロコシ,サトウキビ,豆類も栽培する。土地の私有権および相続権が確立されており,慣習法儀式などによって近隣家族が密接に結びつけられている。双系的な親族組織をもち,第3いとこまでが親類とみなされる。イフガオ州の住民としてフィリピン共和国の法律の適用を受けているが,伝統的な慣習法も保っている。伝統的な家屋は通常正方形高床式で,屋敷内には高床式の米倉をもつ。7月になると共同で刈り入れが行なわれ,室内ないしは米倉の床下で何時間にもわたって儀式がもたれ,米の神 (しばしばそれを象徴する男女の木像が使われる) にニワトリやブタの心臓から吹き出る血や,米からつくった酒が捧げられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イフガオぞく【イフガオ族 Ifugao】

フィリピン,ルソン島北部,コルディリエラ山脈東部に位置するイフガオ州一帯に住むプロト・マレー系の少数民族。人口13万(1975)。標高1000~1500mの山腹に,泥壁あるいは石垣を築いて棚田を作り,水稲耕作を行うことで知られる。特にバナウエ周辺の景観は有名である。稲作は社会的・宗教的に重要な意味を持ち,農作業の各段階に応じたさまざまな儀礼が発達している。また棚田や水牛の所有数によって貧富の格差が見られ,米の生産余剰を持つ富裕層,棚田をほとんど持たない貧困層,およびその中間層という階層化が見られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イフガオ族の関連キーワードフィリピンコルディレラセントラルキアンガンプログ山バナウェ洞窟葬

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android