コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブキヌカボ wood millet grass

2件 の用語解説(イブキヌカボの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イブキヌカボ【wood millet grass】

山地の林下や草原に生えるイネ科の細長い多年草で,和名は伊吹糠穂で滋賀県伊吹山ヌカボの意味だが,ヌカボよりスズメノテッポウなどにより近縁のものである(イラスト)。全体に鮮緑色で軟らかい。茎は直立して枝分れせず,高さは80cm前後である。葉は線状披針形で,淡緑色,長さ15cmくらい,幅は1.5cmに達し,先は鈍い。夏に向かって茎の頂に長さ15cmほどのまばら円錐花序を出し,その中軸に糸状の枝がやや垂れぎみに輪生し,その先端に数個の小穂をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イブキヌカボ
いぶきぬかぼ / 伊吹糠穂
[学]Milium effusum L.

イネ科の多年草。根茎は短く、稈(かん)は軟弱で直立し、高さ60~120センチメートル。6~7月に円錐(えんすい)花序をつくり、輪生状に各節からそれぞれ2~5本枝を出し、まばらに小穂をつけて下垂する。小穂は長さ約3ミリメートルで1小花をもつ。包穎(ほうえい)は宿存し、同形で膜質、背中は丸く、小花は卵形、革質、平滑で光沢があり、成熟すると包穎を残して脱落する。日本全土の林内のやや湿った所に生え、北半球の温帯、亜寒帯に広く分布する。名は、滋賀県伊吹山によくみられたことによる。[許 建 昌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone