コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブキヌカボ wood millet grass

2件 の用語解説(イブキヌカボの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イブキヌカボ【wood millet grass】

山地の林下や草原に生えるイネ科の細長い多年草で,和名は伊吹糠穂で滋賀県伊吹山ヌカボの意味だが,ヌカボよりスズメノテッポウなどにより近縁のものである(イラスト)。全体に鮮緑色で軟らかい。茎は直立して枝分れせず,高さは80cm前後である。葉は線状披針形で,淡緑色,長さ15cmくらい,幅は1.5cmに達し,先は鈍い。夏に向かって茎の頂に長さ15cmほどのまばら円錐花序を出し,その中軸に糸状の枝がやや垂れぎみに輪生し,その先端に数個の小穂をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イブキヌカボ
いぶきぬかぼ / 伊吹糠穂
[学]Milium effusum L.

イネ科の多年草。根茎は短く、稈(かん)は軟弱で直立し、高さ60~120センチメートル。6~7月に円錐(えんすい)花序をつくり、輪生状に各節からそれぞれ2~5本枝を出し、まばらに小穂をつけて下垂する。小穂は長さ約3ミリメートルで1小花をもつ。包穎(ほうえい)は宿存し、同形で膜質、背中は丸く、小花は卵形、革質、平滑で光沢があり、成熟すると包穎を残して脱落する。日本全土の林内のやや湿った所に生え、北半球の温帯、亜寒帯に広く分布する。名は、滋賀県伊吹山によくみられたことによる。[許 建 昌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イブキヌカボの関連キーワード小米草棕櫚草類葉升麻輪違草秋丁子亀甲羽熊米茅米薄似我蜂草鳴子稗

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone