イワガラミ(英語表記)Schizophragma hydrangeoides

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イワガラミ
Schizophragma hydrangeoides

ユキノシタ科のつる植物で,日本各地の山地に生える。冬には落葉する。から気根を出し,他物,特に樹木にからみついてはいのぼり,茎は下部では径数 cmに達することもある。葉は長い柄があって対生し,長さ6~10cmの卵円形で縁には鋸歯がある。葉柄はしばしば赤色を帯び,葉も紅葉する。夏に,葉腋から直径 10cmほどの平たい集散花序を出し,多数の小白花を密集してつける。ガクアジサイなどと同様,花序の周縁部に数個の白い装飾花があるが,花弁状の萼片は各花に1枚しかなく,この点で萼片3~4枚のアジサイ類と異なる。全体にツルアジサイによく似ているが,この装飾花の違いで明瞭に区別できる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

イワガラミ

ユキノシタ科のつる性の落葉樹で,気根を出して他樹の幹をはいのぼる。北海道〜九州の山地にはえる。葉は対生し広卵形であらい鋸歯(きょし)がある。6〜7月小枝の先に5弁の小さい白花が多数集まって散房花序につく。花序は径10〜20cm,周囲には白い大きな萼片からなる装飾花が数個つく。ツルアジサイと似ているが,装飾花の萼片は1枚で,ツルアジサイの4枚と異なる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イワガラミ【Japanese hydrangea vine】

山地に見られるユキノシタ科の落葉つる性木本で,枝から気根を出し,岩や木にからみついて高所によじ登る(イラスト)。幹は直径8cmに達し,樹皮は厚い。葉は対生,長い柄をもち,葉身は広卵心形で先は鋭くとがり,ふちに鋭い鋸歯がある。6~7月,散房状集散花序をつくり,多数の白い花をつける。花序のまわりには不稔の白い装飾花が並んでいるが,これは1枚の萼片が発達して大きくなり,卵形で花弁状に変化したものである。両性花の萼片は5枚。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イワガラミ
いわがらみ / 岩絡
[学]Schizophragma hydrangeoides Sieb. et Zucc.

ユキノシタ科の落葉つる性木本で、枝から気根を出し、岩や樹幹に絡みついて高所によじ登る。葉には長い柄があって対生し、葉身は広卵心形で先は鋭くとがり、縁(へり)に鋭鋸歯(えいきょし)がある。6~7月、枝の先に散房状集散花序をつくる。花序の周囲には、1枚の萼片(がくへん)が花弁状に発達した白色卵形の装飾花があり、中央には多数の小さな両性花をつける。両性花の5枚の花弁は平開せず、先端が互いにくっついたままで帽子状にとれ、雄しべは10本、花柱は1本で太く、頭状の柱頭に終わる。子房は半下位。山地に生え、北海道から九州まで広く分布する。[若林三千男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android