コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワセントウソウ イワセントウソウ Pternopetalum tanakae

3件 の用語解説(イワセントウソウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イワセントウソウ
イワセントウソウ
Pternopetalum tanakae

セリ科多年生小草本。北海道から九州,朝鮮半島,中国に分布し,深山の日陰の湿地に生える。根茎は横にはい,茎は単一で分枝せず高さ 10~30cm。根出葉は長柄があり,2~3回3出羽状複葉で,小葉は深く切込む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

イワセントウソウ【Pternopetalum tanakae (Fr.et Sav.) Hand.‐Mazz.】

亜高山のコケの生えた林床に生える高さ10~20cmの繊細なセリ科の多年草イラスト)。地下茎は細くて横にはい,ところどころ一部が太くなる。根出葉は茎の基部に1~2枚あり,2回羽状に分かれてセリの葉に似ている。茎の中央部に1葉あるが,この葉は羽状に1~2回分裂し,裂片は細くて長さ1~2cmぐらいである。全体に毛がない。茎は細くて分枝せず,初夏のころその先に1個の散形花序をつける。散形花序の柄は10~20本あり,長さ2.5~3cm,先に2~3個ずつ小さい白い花をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イワセントウソウ
いわせんとうそう
[学]Pternopetalum tanakae (Fr. et Sav.) Hand.-Mazz.

セリ科の小形の多年草。根茎は長く地中をはう。茎は高さ10~30センチメートル、枝分れしない。茎葉は単羽状複葉で、小葉は細長い。5~6月、小形の複散形花序に白色花が少数つく。果実は卵形、細い稜線(りょうせん)がある。セントウソウに似るがより高所に生える。本州から九州にかけての深山の木陰に生え、朝鮮、中国に分布する。なお、イワセントウソウ属は東アジア特産で、27種分布する。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イワセントウソウの関連キーワード苔庭苔の下下生え根が生える生える毛の生えた苔の庵生え変る髭の生えた耳毛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone