コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワヒゲ(岩鬚) イワヒゲMyelophycus caespitosus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イワヒゲ(岩鬚)
イワヒゲ
Myelophycus caespitosus

褐藻類ハバモドキ目コモンブクロ科に属する海藻。藻体は円柱状,太さ 1mm,長さ 15cmで潮間帯中位の岩上に叢生するので,ひげのようにみえる。岩手県以南の太平洋岸,瀬戸内海,九州西・北岸に分布する。

イワヒゲ(岩鬚)
イワヒゲ
Cassiope lycopodioides

ツツジ科の小低木。東北アジアの亜寒帯高山帯に分布し,岩場などに生える。つる状の茎に緑色の鱗片葉が密生していて紐のように見える。夏に,枝の上部の鱗片葉の間から細い花柄を直立させ,その先端に淡紅色,鐘形美花を下向きに咲かせる。花冠 5mm,長さ7~8mmで先端は浅く5裂する。果実は上向きにつき,径3~5mmの球形蒴果となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android