コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インパクト・ローン インパクト・ローン impact loan

翻訳|impact loan

3件 の用語解説(インパクト・ローンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インパクト・ローン
インパクト・ローン
impact loan

使途を規制されない外貨借款 (国際復興開発銀行の借款が含まれる) で,タイド・ローンに対する。本来は開発計画などを実施するためのプロジェクト・ローンに対し,それに伴って追加的に発生する需要のために必要な資金の借款を意味した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

インパクト・ローン

使途に規制のない外貨借款。タイド・ローンの対。本来は,世界銀行の貸付けの一種で,開発計画の実施に伴う追加需要に対応する借款を意味した。現在では内外の外国銀行が日本企業に対して実施する使途に制限のない外貨貸付けをさす。
→関連項目資本輸出

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インパクト・ローン
いんぱくとろーん
impact loan

金融用語。本来の意味はプロジェクト・ローンproject loanに対するもので、開発計画の実施などに伴って発生する追加需要(衝撃)を緩和するための外貨資金の貸付をいった。しかし現在では、とくに使途を限定しない借款をいい、使途を指定するタイド・ローンに対する用語として用いられている。日本の企業が円資金調達のために、外国市中銀行世界銀行などから借り入れている外貨借款の大部分がこれである。[土屋六郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インパクト・ローンの関連キーワードアンタイドローンインパクトローンIDAIBRD国際開発協会国際復興開発銀行世界銀行グループブレトンウッズ機関国際復興開発銀行(IBRD:International Bank for Reconstruction and Development)インパクト・ローン

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone