コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インパクト・ローン impact loan

翻訳|impact loan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インパクト・ローン
impact loan

使途を規制されない外貨借款 (国際復興開発銀行の借款が含まれる) で,タイド・ローンに対する。本来は開発計画などを実施するためのプロジェクト・ローンに対し,それに伴って追加的に発生する需要のために必要な資金の借款を意味した。外貨建債権に対する為替リスクの回避,資金調達手段の多様化などの効果がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

インパクト・ローン

使途に規制のない外貨借款。タイド・ローンの対。本来は,世界銀行の貸付けの一種で,開発計画の実施に伴う追加需要に対応する借款を意味した。現在では内外の外国銀行が日本企業に対して実施する使途に制限のない外貨貸付けをさす。
→関連項目資本輸出

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インパクト・ローン
いんぱくとろーん
impact loan

金融用語。本来の意味はプロジェクト・ローンproject loanに対するもので、開発計画の実施などに伴って発生する追加需要(衝撃)を緩和するための外貨資金の貸付をいった。しかし現在では、とくに使途を限定しない借款をいい、使途を指定するタイド・ローンに対する用語として用いられている。日本の企業が円資金調達のために、外国市中銀行や世界銀行などから借り入れている外貨借款の大部分がこれである。[土屋六郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

インパクト・ローンの関連キーワードインパクト・ローンアンタイド・ローンアンタイドローンインパクトローンスプレッド融資投資収益収支国際金融市場外国為替銀行ユーロ円

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android