コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィット ウィットWitt, Johan de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィット
Witt, Johan de

[生]1625.9.24. ドルトレヒト
[没]1672.8.20. ハーグ
オランダの政治家。ドルトレヒト市長の子。ハーグで弁護士となり,1650年にドルトレヒト市の法律顧問。議会派オランニェ党 (総督派) の争いにおいて,前者の指導者として頭角を現し,53年ホラント州議会の法律顧問として議長,首相,外相を兼ねる地位についた。第1次イギリス=オランダ戦争後,外交,国内改革,海軍力増強に専念し,第2次イギリスオランダ戦争でイギリス海軍に打撃を与えた。 70年フランス軍のオランダ侵入に政治責任を負って引退後,ハーグオランニェ党の暴民に虐殺された。深い学殖と抜群の政治的才幹によってオランダの国力と海上商業を絶頂期に導いたばかりでなく,北方戦争 (1655~60) に介入してデンマークを援助し,イギリス,スウェーデンと対仏三国同盟を結ぶなど 17世紀ヨーロッパ有数の大政治家であった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ウィット

機に応じて即妙に働くおかしみの表現。機知。語源的には〈認識する力〉〈知性〉を意味する。情緒的なユーモアに対し理知的。文学では知的洗練をきそった17―18世紀の作品,バレリー,T.S.エリオットら20世紀前半の主知主義的文学などにみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウィット【wit】

語源的には〈認識する力〉〈知性〉を意味するが,やがて機知,機転などをさすようになった。それは17~18世紀ヨーロッパの文学が主知的傾向を強め,しかも宮廷や社交界で知的洗練をきそう風潮が高まった結果である。思いがけない気のきいた言いまわしでぴたりと表現してみせる才気の文学が,〈ウィット〉の文学としてもてはやされた。しかし19世紀のロマン主義時代には,その種の理知的な傾向は嫌われ,〈ウィット〉は文学上の美徳の地位を失うことになる。

ウィット【Otto Nikolaus Witt】

1853‐1915
ドイツの工業化学者。ペテルブルグに生まれ,ロシアで教育を受ける。チューリヒのポリテクニクを卒業後,1873年フルカン製鉄所の分析技術者となる。74年ハルトのプリント工場に勤めて,染料に関心をもつようになった。75年,ロンドン近くのウィリアムズトマスアンド・ダウアー商会の染料工場で研究した後,79年帰国して,マンハイムの化学会社に勤めた。86年ベルリン工科大学で学位を取り,91年教授となる。多くの染料研究の中で,色が発色団の存在または原子の配列に関係していることを明らかにしたウィットの法則の発見(1876),アゾ染料トロペオリンの合成(1879)などが特筆される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のウィットの言及

【風習喜劇】より

…つまり風習喜劇とは,内容においても支持層においても,田舎よりも都会の,また庶民やブルジョアよりも貴族の劇だったのである。最も重視された価値基準は,ものごとを知的かつ批判的にとらえる能力としての機知witである。登場人物は大別すると機知を備えた者,機知を備えてはいないのに備えているつもりでいる者,機知とまったく無縁である者,の三つの型に属し,第1の型が第2および第3の型を見下して笑うというかたちで喜劇が成立する。…

※「ウィット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウィットの関連キーワードJamesジェームズジェームズ[1世]チャールズ[1世]ジェームズ[1世]重信川スチュアート朝日光杉並木岩木山寛永寺

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウィットの関連情報