コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィーン美術史美術館 ウィーンびじゅつしびじゅつかんKunsthistorisches Museum Wien

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィーン美術史美術館
ウィーンびじゅつしびじゅつかん
Kunsthistorisches Museum Wien

オーストリア,ウィーンにある世界最大級の美術館の一つ。ハプスブルク家代々のコレクションを基礎とし,その歴史はマクシミリアン1世までさかのぼる。本格的な収集が始められたのは,皇帝ルドルフ2世とレオポルト・ウィルヘルム大公の時代で,ルドルフ2世はピーテル・ブリューゲルやアルブレヒト・デューラーの名作を買い,レオポルト・ウィルヘルム大公も意欲的な収集活動を続ける一方,1659年フランドルの画家ダフィット・テニールス(子)に命じて世界で最初の美術コレクションの図版入りカタログをつくらせた。18世紀に入ってから,女帝マリア・テレジアはペーテル・パウル・ルーベンス,アンソニー・ファン・ダイクなどをコレクションに加え,マリア・テレジアが死去した翌 1781年,コレクションは一般に公開された。今日のルネサンス風の建物は 1891年に建てられたもので,設計はゴットフリート・ゼンペル。館名のとおり古今の名作をほとんどあらゆるジャンルにわたって集めている。古代ローマのカメオ『ゲンマ・アウグスタエ』や,『雪中の狩人』をはじめとするブリューゲル(父)の全作品のほぼ 3分の1を占める 15点があるほか,デューラーの『聖三位一体の礼拝』など 9点,ヤン・フェルメールの『画家のアトリエ(絵画芸術の寓意)』,ルーベンスの『毛皮のコートにくるまったエレーヌ・フールマン』,レンブラント・ファン・レインの『読書するチツス』,ディエゴ・ベラスケスの『マルガリータ王女の肖像』,金工家ベンベヌト・チェリーニの名作『フランソア1世の塩入れ』なども世界的に有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウィーンびじゅつしびじゅつかん【ウィーン美術史美術館 Kunsthistorisches Museum,Wien】

ウィーンにある美術館。マリア・テレジア広場に面して建つネオ・ルネサンス様式の建物で,ゼンパー,ハーゼナウアKarl Hasenauer(1833‐94)が設計し,1872‐81年に建設。コレクションは皇帝ルドルフ2世やレオポルド・ウィルヘルム大公など,歴代のハプスブルク家の熱心な美術愛好家によって収集された。50に近い展示室のうち,《農民の結婚式》などのある〈ブリューゲルの間〉はもっとも有名。絵画部門はほかに,ヤン・ファン・アイク,デューラー,ラファエロ,ルーベンス,フェルメールなど,1000点以上に及び,ルネサンスから19世紀に至るまでのヨーロッパの巨匠の作品を網羅する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のウィーン美術史美術館の言及

【楽器博物館】より

…それが12~13種に淘汰され,保存されたのが正倉院の楽器である。ヨーロッパの代表的な楽器博物館の一つであるウィーン美術史美術館の所蔵楽器は,16世紀チロル大公フェルディナントのアンブラス城所蔵楽器と,17世紀から発展したオピッツィ家の所蔵楽器が第1次大戦後に合併されたものである。【大橋 敏成】。…

※「ウィーン美術史美術館」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウィーン美術史美術館の関連キーワードヘールトヘン・トート・シント・ヤンスユーリウス・フォン シュロッサーモレット・ダ・ブレシアベルヴェデーレの聖母ウィーン美術史博物館フランチアビジオカロリング朝美術ジェンティレスキジョルジョーネアルチンボルドシュトリーゲルフリューアウフワルトミュラーロイスダールデ・モンペルヘールトヘンパティニールスプランヘル農民の踊りドゥーリス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウィーン美術史美術館の関連情報