コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウイット wit

翻訳|wit

デジタル大辞泉の解説

ウイット(wit)

気のきいた会話や文章などを生み出す才知。機知。とんち。「ウイットに富んだ会話」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ウイット【wit】

その場に応じて気の利いたことを当意即妙に言う才知。機知。とんち。 「 -に富んだスピーチ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウイット
ういっと
wit

機知、頓知(とんち)、才知。ウイットとは本来知力のことだったが、イギリスにおいて17世紀ごろから、当意即妙な発想を意味するようになった。とりわけダンの詩には鋭い奇想が随所にみられ、それがウイットの典型となった。18世紀には理性と想像力をともにしたきわめて都会的、文明的でしゃれた発想のことをいうようになり、アディソンのエッセイ、ロチェスター伯の詩などにその優れた例をみるが、ややもすればポープの詩やスウィフトの散文にみられるように、辛辣(しんらつ)さを加えて風刺に流れる傾向が生じた。コールリッジによれば、ユーモアは本質的におかしさにかかわるが、ウイットは驚きを伴い、非個性的な知性より生じるものであるという。[船戸英夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ウイットの関連キーワードネルソン・R. マンデラジョン ランチェスタージェームズ ヤッフェウィリアム トレバーデビッド・ビントレーホフマンスワルダウデンジャー・ゾーンオー・ヘンリー新青年(日本)ジム クレイスガムザートフウイットねじファーバンクいちのへ友里挑発ポスターC. ビラタヨットレースメレディス機知・機智早戻り運動

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウイットの関連情報