コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウキゴリ ウキゴリ Gymnogobius urotaenia

3件 の用語解説(ウキゴリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウキゴリ
ウキゴリ
Gymnogobius urotaenia

スズキ目ハゼ科の淡水魚。全長 14cmになる。体はほぼ円筒形であるが,尾柄に向かって体幅が狭くなり,逆に頭部は幅広い形状をもつ。左右の腹鰭は癒合して吸盤となる。体の地色は褐色。河川の中・下流域および湖沼に生息する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ウキゴリ【floating goby】

スズキ目ハゼ科ウキゴリ属の魚(イラスト)。体はやや緑色がかった淡黄色で腹部は白く,体側の中央部に不規則な灰褐色の斑紋が並んでおり,背中には雲形の斑紋が散在する。近縁のエドハゼと異なり,背中にうろこがある。第1背びれの後方と胸びれの基部には黒色の斑紋が認められる。5月上旬から7月上旬にかけて産卵し,卵は付着卵で3mm×1mmの長円形であり,1000個から2000個ほど産卵する。水生植物の茎の表面や石の底面などに産みつけられ雄が保護する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウキゴリ
うきごり / 浮吾里
floating goby
[学]Chaenogobius annularis

硬骨魚綱スズキ目ハゼ科に属する魚。日本およびシベリア南部、沿海州、樺太(からふと)(サハリン)、中国、朝鮮に分布。日本では北海道から奄美(あまみ)大島に至る各地の河川および湖沼に生息する。河川では下流汽水域から中流域にかけてみられる。斑紋(はんもん)、形態、生態の違いによって汽水、淡水、中流の3型に分けられている。最大体長は汽水、淡水両型で8センチメートル、中流型で13センチメートル。餌(えさ)は魚類を含む小動物である。[道津喜衛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウキゴリの関連キーワードカンパチブリハゼ浮吾里沙魚ウロハゼ(洞沙魚)クモハゼ(雲沙魚)ハゼ(沙魚)ヨシノボリ(葭登)ワラスボ(藁須坊)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone