コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウクライナ文学 ウクライナぶんがく

1件 の用語解説(ウクライナ文学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウクライナ文学
ウクライナぶんがく

起源は,988年に古代ロシアキエフ国家ビザンチンを経由してキリスト教文化を移入し,ギリシア正教を国教に,教会スラブ語を公用語,文語に定めたときに求められる。最初は宗教的教訓,教義,聖者伝,年代記,旅行記などが書かれたが,11~12世紀に書かれた,『ウラディミル・モノマフの教訓書』 Pouchenie,『修道院長ダニイルの旅』 Khozhdenie igmena Daniila,修道士ネストルの編んだ年代記『過ぎにし歳月の物語』 Povest' vremennykh let (→ロシア年代記 ) ,作者未詳の叙事詩イーゴリ軍記』などは,いずれも古代ロシア文学の代表作品とみなされている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のウクライナ文学の言及

【ソビエト文学】より

…ウクライナはその後17世紀に,白ロシアは18世紀にロシア領となった。ポーランド語,教会スラブ語などの影響を排し,民衆語の要素をとり入れて近代ウクライナ文学語を創始した功績は,18世紀末の詩人哲学者スコボロダGrigorii Skovoroda(1722‐94),ウェルギリウスの《アエネーイス》にもとづく戯作《エネイーダ》(1798)で知られるコトリャレフスキーIvan Kotlyarevskii(1769‐1838)に帰せられる。ウクライナ・ロマン主義運動は民族の自覚を生み,国民詩人シェフチェンコにおいて頂点に達する。…

※「ウクライナ文学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウクライナ文学の関連キーワードキエフ公国グスリグレコフコロシアムキエフ・バレエ団ウラジーミル[大公]キエフ・ロシアキエフ国家古代ロシア語古代ロシア文学

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウクライナ文学の関連情報