ウシュル(英語表記)`Ushr

世界大百科事典 第2版の解説

ウシュル【‘ushr】

1/10を意味するアラビア語。複数形はウシュール‘ushūr。イスラム法では,(1)ムスリム(イスラム教徒)のザカートのうち土地に課せられるもの,(2)ムスリムとジンミーの商人に課せられる商業税,(3)ハルビー(敵国人)の商人に課せられる関税を意味する。その率は,(1)は天水・流水灌漑の場合は生産物の10%,人力・畜力または特別の灌漑施設を必要とする場合は5%,(2)はムスリムから年収の2.5%,ジンミーから5%,(3)は彼らがダール・アルイスラーム(イスラム世界)に入った時,商品価格の10%である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のウシュルの言及

【マクス】より

…タバリーの年代記その他の史書によれば,春分・秋分の贈物,帳簿手数料,両替手数料,送達吏報酬,貨幣鋳造者報酬,水車使用料,婚姻税など各種の雑税があり,ウマイヤ朝カリフ,ウマル2世やアイユーブ朝の君主,サラーフ・アッディーンは,これらの雑税を非合法として廃止したという。法学者がとくに問題としたのは,地方政権の君主や総督が街道上や城門外に税関を設け,入城または入市するムスリム商人からウシュール(ウシュルの複数形)の名で,商品価格の10%を徴収することであった。イスラム法のウシュルの規定では,ハルビー(敵国人)の商人に10%の関税を課すことは合法であるが,ムスリムとジンミーの商人には関税は課せられず,それぞれ年収の2.5%と5%の商業税を課せられるだけであった。…

【ミルク】より

…アッバース朝時代に入り商業経済が発達すると,これらの手段を用いて商人,官僚,軍人などによる大土地所有が徐々に形成されてゆく。ミルクとされた土地の用益権についてみると,その所有者の取り分(ハック・アッラカバ)と小作人の取り分(ハック・アルアクラワ)のほかに,政府の取り分(ハック・バイト・アルマール)があり,これが税制上のウシュルに相当する。ウシュルの率は時代と地域によって異なり,1/10から1/3の間を前後していた。…

※「ウシュル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android