コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウツギ

3件 の用語解説(ウツギの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ウツギ

ウノハナとも。ユキノシタ科の落葉低木。北海道(南部)〜九州の日当りのよい山野にはえる。若枝には星状毛がある。葉は対生し披針形〜卵形で先はとがり,下面には星状毛が密生してざらつく。
→関連項目空木岳

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ウツギ【Deutzia crenata Sieb.et Zucc.】

山野の路傍や伐採あとなどの日当りのよい所にふつうに見られるユキノシタ科の落葉低木で,観賞用として庭木や生垣に使われることもある(イラスト)。枝が中空なので,空木(うつぎ)という。またウノハナともいうが,それは空木花の略とも,卯月(旧暦4月)に花が咲くからともいわれる。幹の高さは約2mで,よく枝分れする。葉には柄があって対生し,葉身は卵形または広披針形で,ふちにはにぶい鋸歯がある。葉の表裏ともに小さな星状毛がたくさんあり,ざらついている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウツギ
うつぎ / 空木
[学]Deutzia crenata Sieb. et Zucc.

ユキノシタ科の落葉低木。別名ウノハナ。幹は高さ約2メートルで、よく枝分れする。幹が中空で、そのために空木(うつぎ)とよばれる。葉は対生し、有柄。葉身は卵形または広披針(こうひしん)形で、縁(へり)に鈍い鋸歯(きょし)がある。葉の表裏ともに小さな星状毛が多く、ざらつく。5~6月、枝の先に多数の白い花を総状または集散花序につける。5枚の花弁からなる花冠はらっぱ状に開き、径約1センチメートル、萼筒(がくとう)と萼裂片には星状毛が密生する。雄しべは10本、花弁よりやや短く、花糸の両側に翼があって、上方で歯状に終わる。花柱は3~4本あり、(さくか)になってもそのまま残る。子房は下位。果は球形で径4~5ミリメートル。山野の日当りのよい所に普通にみられ、北海道、本州、四国、九州に広く分布する。観賞用として庭木や生け垣に使われるほか、材で木釘(くぎ)をつくる。関東地方以西の山地の谷間の岩上などに生える別種ヒメウツギD. gracilis Sieb. et Zucc.は、ウツギより花期が早く、葉はやや薄く、表面は鮮緑色である。関東地方西部、中部地方東部の山地岩上にまれに生える別種ウメウツギD. uniflora Shiraiは、朝鮮にも分布し、少数の白い花を下向きにつける。[若林三千男]

文化史

民俗学者の折口信夫(おりくちしのぶ)博士によると、古くはウツギの花の咲きぐあいでその年の豊凶を占ったといい、多い年は豊作と考えられた。これは、ウツギの花が春から初夏への季節の変わり目に咲き、また白く目だつことから、暦の普及していなかったころに季節を知る重要な花であったことによろう。『万葉集』にはウノハナで24首詠まれ、万葉人も関心が高かったことが知られる。ウツギの名は『万葉集』にはないが、『和名抄(わみょうしょう)』に出る。[湯浅浩史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウツギの関連キーワード白樺犬香薷竜脳菊当り狂言作当り日当り薬師草ナズナ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウツギの関連情報