ウメモドキ

百科事典マイペディアの解説

ウメモドキ

モチノキ科の落葉低木。本州〜九州の山地にはえる。葉は互生し,楕円〜卵状披針形で先はとがり,縁には細かい鋸歯(きょし)がある。雌雄異株。6月,4〜5弁で淡紫色の花が,葉腋に群がって咲く。果実球形で径約5mm,11月ごろ赤熟し,落葉後も枝先に残っていて美しい。庭木盆栽生花とする。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウメモドキ【Ilex serrata Thunb.】

暖地の庭園によく植えられるモチノキ科の落葉低木で,落葉後も赤い実が多数,枝に群がって美しい(イラスト)。高さ4,5mに達し,枝葉は密に茂って細かい毛がある。葉は互生し,長楕円形ないし卵状楕円形で先がとがり,長さ3~8cm,縁に細かい鋸歯がある。雌雄異株で,5~6月,新枝から雄株は3~15花,雌株は1~7花ずつの小さな集散花序を腋生(えきせい)する。花は淡紅色で,花弁おしべ萼片は4~5個。初秋に径約5mmの石果を結ぶ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウメモドキ
うめもどき / 梅擬
[学]Ilex serrata Thunb.

モチノキ科の落葉低木。高さ5メートル、樹皮は灰褐色、若枝には短毛が密生する。葉は楕円(だえん)形、長さ3~8センチメートル、しわがあり、先は鋭くとがり、細い鋸歯(きょし)があり、両面に毛が生える。若枝や葉に毛がないものを変種イヌウメモドキとして区別することもある。花は6月、葉腋(ようえき)の集散花序につき、直径約5ミリメートルで淡紫色、4数性または5数性。雌雄異株。果実は核果で紅(あか)く熟し、冬から早春まで枝に残り、紅梅の花のようにみえるのでこの名がある。山中の湿地に生え、本州、四国、九州および中国中部に分布する。果実が黄色に熟す品種をキミノウメモドキ、白く熟す品種をシロウメモドキという。[門田裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android