コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルトラモンタニズム ultramontanism

翻訳|ultramontanism

デジタル大辞泉の解説

ウルトラモンタニズム(ultramontanism)

信仰だけでなく、政治的にもローマ教皇の絶対的権威を主張する近代カトリックの運動。中部ヨーロッパから見てアルプスの「山の向こう側」(〈ラテン〉ultra montes)にローマ教皇がいるのでいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ウルトラモンタニズム【ultramontanism】

アルプス山脈の向こう側(イギリス,ドイツ,フランスから見て)の意味。17~19世紀の教会史,それぞれの国の政治・文化情勢のなかで,カトリック教会の教義と教会運営についてローマ中心主義,教皇の首位権を強く主張して,それを実践しようとする立場を指す。近代国民国家の成立とそれに結びついた地域主義,自由主義,世俗主義などの台頭に対して,カトリック知識人が示した教会の統一と権威を求める傾向の表現であった。すなわちガリカニスムジャンセニスムフェブロニアニズム(ホントハイムJ.N.von Hontheimがフェブロニウスの名で表明した立場で,教皇は教会会議に従属すべきだとする),ヨーゼフ2世の宗教政策などの各国教会の独自性を主張する動きと対立するもので,とくに第1バチカン公会議では教皇の不可謬性に関する定義が発布されるように強く働きかける運動をした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ウルトラモンタニズム【ultramontanism】

〔フランスやドイツから見て、山(アルプス)の向こう側のローマに教皇が住むことから〕
国家教会の独立を否定し、中央集権を志向する教皇権至上主義をさす言葉。 → ガリカニズム

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウルトラモンタニズム
うるとらもんたにずむ
ultramontanism

国家に対する教会の独立を擁護し、ひいては公共生活の諸領域で教皇と教会の影響力の伸長を目ざした近代カトリックの運動。中部ヨーロッパからみて「山のかなた」ultra montesにあるローマ(教皇)の利害を代弁するところから、この名が由来する。起源は、革命直後のフランスでカトリック教会をも国家の一制度にしようとしたナポレオン1世の企図に反対したシャトーブリアン、ド・メーストルらの思想にある。この傾向はベルギー、ドイツなどの諸国にも波及し、社会的領域のみならず、文芸や思想をも含めたカトリック信仰の興隆をもたらしたが、プロテスタンティズムや近代的自由主義の側からは、信仰の自由を侵すものとして批判された。教会内での司教への分権的傾向に対し、教皇の支配的地位を確立した第1回バチカン公会議(1870)は、その顕著な成果の一つといえる。[田丸徳善]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ウルトラモンタニズムの関連キーワードラムネ(Félicité Robert de Lamennais)中央集権

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android