コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウンゼンツツジ うんぜんつつじ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウンゼンツツジ
うんぜんつつじ / 雲仙躑躅
[学]Rhododendron serpyllifolium (A. Gray) Miq.

ツツジ科の常緑低木。高さ1、2メートルになり、枝は細くてよく分枝する。葉は互生し、楕円(だえん)形、長さ1~1.8センチメートルの小形で、両端がとがり、褐色の毛がある。秋葉は枝先に集まってつき、小さい。4~5月ごろ、枝先に淡紅紫色の小さい漏斗(ろうと)状、径1.2~1.6センチメートルの花が開く。花冠は5中裂して、上面に斑点(はんてん)があり、雄しべは5本で長い花柱とともに花冠の外に出る。果実は卵形、長さ約5ミリメートル。静岡県天城山(あまぎさん)以西の本州、四国、九州の鹿児島の山地に分布する。名の由来になっている九州の雲仙岳には野生していない。品種のシロバナウンゼンツツジは花が白色で、兵庫県の六甲山(ろっこうさん)、大阪府の葛城(かつらぎ)山系などに分布する。陽樹であるが、半日陰地でも育ち、庭木にする。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のウンゼンツツジの言及

【ツツジ(躑躅)】より

…ヤマツツジ類は花は中型か小型,春葉と秋葉で形が異なるものが多く,花冠は質が柔らかで縁にややしわがある。日本にはヤマツツジR.obtusum (Lindl.) Planch.var.kaempferi (Pl.) Wils.(イラスト),オオヤマツツジR.transiens Nakai(イラスト),フジツツジR.tosaense Makino,アシタカツツジR.komiyamae Makino,ミヤマキリシマR.kiusianum Makino,ウンゼンツツジR.serpyllifolium (A.Gray) Miq.,タイワンヤマツツジR.simsii Planch.の7種が野生する。サツキ類は花は中型で,春葉と秋葉の形はあまり異ならず,花冠は質やや厚く平板状で,縁はあまり波をうたない。…

※「ウンゼンツツジ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウンゼンツツジの関連キーワード雲仙天草国立公園ミヤマキリシマ長崎県の要覧長崎[県]小林義雄長崎県県花

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android