コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エウドクソス[キュジコス] エウドクソス[キュジコス]Eudoxos of Kyzikos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エウドクソス[キュジコス]
Eudoxos of Kyzikos

前2世紀のギリシアの航海家。アフリカ周航を最初に企てた人物として知られる。探検を奨励していたプトレマイオス朝エジプトの王プトレマイオス8世エウエルゲテス2世の援助のもとに2度紅海経由のインド航路発見に成功。その後アフリカ周航の可能性を信じ,自費で出航したが,消息を断った。彼の企ては 15世紀末にいたるまで行われなかった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android