エウドクソス[キュジコス](英語表記)Eudoxos of Kyzikos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エウドクソス[キュジコス]
Eudoxos of Kyzikos

前2世紀のギリシアの航海家。アフリカ周航を最初に企てた人物として知られる。探検を奨励していたプトレマイオス朝エジプトの王プトレマイオス8世エウエルゲテス2世の援助のもとに2度紅海経由のインド航路発見に成功。その後アフリカ周航の可能性を信じ,自費で出航したが,消息を断った。彼の企ては 15世紀末にいたるまで行われなかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android