コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エウドクソス Eudoxos

4件 の用語解説(エウドクソスの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

エウドクソス【Eudoxos】

前400頃~前347頃) 古代ギリシャの数学者・天文学者。初めて地球を中心とする同心天球説をたてる。数学では、無理量(通約不能量)にも適用できる一般的な比例論を完成させるとともに、球体や錐体の体積を求め、近世になって「取り尽し法」と名付けられた方法で厳密な証明を与えた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

エウドクソス

ギリシアの数学者,天文学者クニドスの生れ。ピタゴラス派のアルキュタスプラトンに学び,エジプト天文学を研究。立方体倍積問題から無理量を扱い,取尽しの方法により錐体,球の体積を求めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

エウドクソス【Eudoxos】

前400ころ‐前347ころ
古代ギリシアの数学者,天文学者。アルキメデスに次ぐ独創性の持主で,地理学者,哲学者,立法家としても活躍。クニドスの人。アルキュタスに幾何学を学び,アテナイでプラトンと交わり,エジプトで暦法を学んだといわれる。数学者としては,通約できない量にも適用できる一般的な比例論を完成し,その成果はユークリッド(エウクレイデス)《ストイケイア》第5巻にまとめられている。また,求積問題では,〈取尽しの方法method of exhaustion〉と近世になって名付けられた証明法を考案して,角錐(円錐)の体積は同底同高の角柱(円柱)の体積の3分の1であることを初めて厳密に証明した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エウドクソス
えうどくそす
Eudoxos
(前408ころ―前355ころ)

ギリシアの数学者、天文学者。小アジア南西岸のクニドスの出身で、プラトンの友人とも門人ともいわれる。数学では比例論を広げて、通約できない量(無理量)にまで適用できるように組織し直したが、この業績はユークリッドの『ストイケイア』Stoikheia第5巻にまとめられている。また「取り尽くし法」という今日でいう区分積分法に相当する方法を発見、この方法は17世紀まで平面や立体の求積に使用された。黄金分割の理論も発展させた。
 天文学では、プラトンらの、天体は完全な球でその運行は円だとする説を前提に、同心天球説を唱えた。この説は、太陽、月、惑星の不規則な運動を、地球を中心にした27個の天球の回転運動の結合によって解明しようとしたもので、惑星の順行、留(りゅう)、逆行が不十分であるが、説明できた。アリストテレスもこの説を支持して、さらにその仕組みを複雑にした。同心天球説は科学的宇宙像を基礎づけたが、それはあくまでも幾何学的な仮説にすぎず、その後ヘレニズム時代には廃れた。[平田 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のエウドクソスの言及

【アラトス】より

…再びマケドニアに帰り,同地で死去。《現象》は,エウドクソスによる散文体の天文学書を叙事詩体に書き改めたもので,ゼウスへの呼びかけに始まる天体の運行を扱う部分(1~732行)と気象学(733~1154行)から成り,ホメロスの言語を使用している。専門的知識に誤りが多いにもかかわらず,古代末期に至るまでギリシア,ローマ人の間で好評を博し,キケロなどによってラテン語に訳された。…

【コスモス】より

…天界を神的な存在としたプラトンは,天界にふさわしい唯一の運動は一様な円運動であり,惑星の順行,逆行,留等のみかけの不規則性をこの一様円運動の原則から逸脱せずにいかに説明するかという問題を提起した。エウドクソスとカリッポスが考案した幾何学的な同心天球説はこの問題提起に対する一つのみごとな解答であった。その後アリストテレスは同心天球説に依拠しながら,階層構造的に秩序づけられたコスモスとしての宇宙論を完成させた。…

【天文学】より

…〈天動説〉はギリシア天文学を代表するものである。プラトンの門弟エウドクソス(前4世紀)は初めて数理的天文学を組織しようとした。主として日月および惑星の見かけの運動を説明するために,それぞれに対し3~4個の回転球を組み合わせ,その最内側の球に天体が固定していると考えた。…

※「エウドクソス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エウドクソスの関連キーワードクセノフォンテオフラストスギリシャ語ギリシャ文字アポロニウスツキディデストゥキュディデスディオニュシオス[トラキアの]

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone