コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エグモント山 エグモントさん Mount Egmont

3件 の用語解説(エグモント山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エグモント山
エグモントさん
Mount Egmont

ニュージーランドノース島の西部,タラナキ地方にそびえる火山。マオリ語ではタラナキという。標高 2518m。左右対称形の美しい山容をもつ孤立した円錐火山で,周囲の森林地帯とともにエグモント国立公園 (面積 335km2) に指定されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エグモント‐さん【エグモント山】

Mount Egmontニュージーランド北島南西部の山。マオリ語タラナキ山。同島第2の高峰。標高2518メートル。1600年代初めから1700年代中頃にかけて噴火を繰り返した。富士山に似た円錐状の成層火山であり、周辺を含め国立公園に指定されている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エグモント山
えぐもんとさん
Mount Egmont

ニュージーランド北島の南西部にある美しい円錐(えんすい)形の安山岩質活火山。標高2518メートル。先住民のマオリ人はタラナキとよぶ。南西肩に寄生火山ファンタム・ピークがある。1604~1755年に噴火を反復した。山頂の周囲約10キロメートルまでの範囲は国立公園となっている。山麓(さんろく)は著名な酪農地帯。[諏訪 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エグモント山の関連キーワードニュージーランド亜区ニュー西蘭ニュージャージーニュージョージアニューエージミュージックニュージーランド海驢ニュースエージェンシースージー ニューヨークとうほくニュージーランド村ニュージーランド馬衣 (New Zealand rug)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone