エチオピア高原(読み)エチオピアこうげん(英語表記)Ethiopian Plateau

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エチオピア高原
エチオピアこうげん
Ethiopian Plateau

エチオピア西半部の大部分東部の一部にかけて広がる広大な山岳高原地域の総称。アムハラ高原とも呼ばれる。約 5億年前の先カンブリア地塊(→先カンブリア時代)の上を石灰岩と砂岩,さらに玄武岩を主とする火山岩が覆い,一部は 2000m以上の厚さに達する。火山活動は今日でも一部に残存,各地に温泉もある。アフリカ大地溝帯(グレートリフトバレー)が高原を東部と西部に二分,西部高原は標高 2500~3500mで,最高峰はラスダシャン山(4533m)。最も広い高原はアジスアベバのあるショア高原(→ショア)。全体として西に傾斜し,川はほとんどナイル水系。東部高原のうち南部のバレ高原(→バレ)は平均標高 2700m以上。土壌は肥沃で草原が発達,森林は少ない。古来諸王国が繁栄,現代までその伝統が引き継がれ,人口の大部分が集中。南西部はコーヒーの原産地。地下資源は豊富と推定されるが開発が遅れている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エチオピア‐こうげん〔‐カウゲン〕【エチオピア高原】

Ethiopian Plateau》エチオピアの主要部を占める高原。大地溝帯により北西部と南東部とに分かれ、標高千数百メートルから4000メートルを超える山地が続く。狭義には北西部をエチオピア高原、南東部を東部高原とよぶ。エチオピア高地アビシニア高原

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

エチオピア高原【エチオピアこうげん】

東経40°以西のエチオピア中央部に広がる地域。アビシニア高原とも。周囲の低地から急崖となってそそり立つ卓状の台地。平均標高2000〜2300m。湖沼が多い。アフリカ大地溝帯によって二分されるが,西部は古くからエチオピアの歴史の中心地となり,現在も人口が集中している。南部はコーヒーの生産地。
→関連項目アフリカラリベラの岩窟教会群

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エチオピアこうげん【エチオピア高原 Ethiopian Plateau】

アフリカ北東部にある高原。アビシニア高原ともいう。北緯10゜前後という低緯度に位置するエチオピアにとって,平均標高約2300mのエチオピア高原は最も居住に適した所で,人口の大部分と,首都アジス・アベバなど主要都市のほとんどがこの高原に集中している。高原は大地溝帯によって二分されるが,西半分が狭義のエチオピア高原で,東半部は東部高原と呼ばれる。東部高原は面積が小さく,また一般に乾燥しており,ハラールだけがみるべき都市であるが,西のエチオピア高原は快適な気候に恵まれ,歴史の中心地帯となってきた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

エチオピアこうげん【エチオピア高原】

エチオピアの主要部を構成する高原。海抜千数百メートルから4千メートルを超える山地が広がる。アビシニア高原。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エチオピア高原
えちおぴあこうげん
Ethiopia Plateau

アフリカ大陸北東部、エチオピアの主要部を構成する高原。従来アラビア語のEl Habeshaに由来するアビシニア高原とよばれていたが、現在はアムハラ語のItyopyaの名称が用いられている。エチオピア全土の約42%を占め、紅海からケニアへ続くアフリカ大地溝帯によって、北西部と南東部の二つの地域に分けられる。高原面は一般に標高千数百メートルから3000メートルにあるが、北西高原の中部と北部には4000メートルを超える山地が広がり、なかでもラス・ダシャン山は4533メートルに達する。エチオピア高原の主部は第三紀に噴出した溶岩で構成されており、北西高原の青ナイル川の源流部にあたるタナ湖周辺は溶岩が厚い。北西高原の北部や西部、南東高原南部のように溶岩が薄い地域では高原の侵食も進み、溶岩の下位にある片岩や花崗(かこう)岩類などの基盤岩類が露出している。気候資料は少ないが、気温は地方差が大きい。年平均気温は16~20℃で、一部は14℃以下である。高原上の年降水量は700ミリメートルから1000ミリメートルを超える。集落と農耕地が集中するのは標高2000~3000メートルの平坦(へいたん)部の広い高原面で、森地は人為的影響で後退し草原化している。このために土壌侵食も顕著で、毎年1平方キロメートル当り2000トン以上の土砂が流亡している。[堀 信行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

エチオピア‐こうげん ‥カウゲン【エチオピア高原】

エチオピア西部の高原。中央部にアジスアベバがある。平均標高二一〇〇~二四〇〇メートル。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のエチオピア高原の言及

【アフリカ】より

…それぞれの移動の前面で多くは大山脈を形成して,それぞれの大陸に特徴を与えているが,アフリカの場合,北西端にアトラス山脈の形成がみられたほかは,ほとんどの土地が変動をあまり受けることなく推移したために,雨水による浸食が進むだけで,ほとんど全体といってよいほどの部分が平たんな大陸となった。もちろん,まったく動きがなかったわけではなく,東アフリカには,おそらく地球内部物質,すなわちマントルの上昇によって隆起がおこり,最高点が4500mを超えるエチオピア高原の形成も行われたが,その高原もまたきわめて平たんである。その部分の隆起上昇に伴って地表に張力が生じ,アフリカ大地溝帯と呼ばれる長大な谷が形成されたが,そのほかにも,隆起とともに川が切り込んでいってできた青ナイルなどの大峡谷群が発達している。…

【エチオピア】より

…【小田 英郎】
【自然】
 エチオピアの風土を最も特徴づけているものは,その高原である。日本語の感覚で高原というと,山の上の方にある,少し開けたなだらかな土地であるが,エチオピア高原というのは,ほとんどまっ平らな広大な平原が高い所に広がったものである。これは,水平に堆積した地層が静かに隆起した山地の上に,流動的な溶岩が流れかぶさって,平たんな溶岩面をつくったためである。…

※「エチオピア高原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android