コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エル・パソ エルパソ

百科事典マイペディアの解説

エル・パソ

米国,テキサス州北西端の商業都市米国メキシコ国境のリオ・グランデ川北岸にあり,交通の要地。メキシコ系が多く住む。金属,繊維,食品加工などの工業が行われる。17世紀以来発達した都市で,史跡が多く観光都市としても知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エル・パソ
えるぱそ
El Paso

アメリカ合衆国、テキサス州西端の都市。人口56万3662(2000)。メキシコとの国境となっているリオ・グランデ川に臨み、対岸はメキシコのフアレス市。牧牛、野菜栽培、綿花生産地域の中にあり、商業、工業、鉱業の中心地である。石油精製、銅の精錬、食料品、衣類、機械類などの工業が立地する。市街地の標高は約1150メートル、年降水量は224.7ミリメートル(1961~90)であり、気候は温暖で乾燥している。メキシコとの国境沿いでは最大の都市で、合衆国とメキシコの両方の雰囲気をもっている。
 1827年に集落が建設され、合衆国とメキシコの国境が確定したのち、集落が拡大し、1881年の鉄道開通以後、商業、交通の中心地として発展した。テキサス大学エル・パソ校があり、付近には大規模な軍事基地フォート・ブリスがある。近くのフランクリン山の山腹沿いにある道路から市街が一望できる。[菅野峰明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

エル・パソの関連キーワードリオ・グランデ川(アメリカ合衆国)リオ・グランデ[川]シウダード・フアレスマリアーノ アスエラデビー レイノルズシウダー・フアレススペイン美術テキサス大学ディアジオアスエラ米墨戦争

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エル・パソの関連情報